パク・ソンウン&オ・スンフン出演映画「メソッド」釜山国際映画祭にて上映決定

写真=映画「メソッド」のポスター

映画「メソッド」(監督:パン・ウンジン) のパク・ソンウンとオ・スンフンが共演し、映画への期待を高めている。

「第22回釜山(プサン) 国際映画祭」の公式招待作である「メソッド」は、俳優ジェハ(パク・ソンウン) とアイドル出身の俳優ヨンウ(オ・スンフン)が最高の舞台を作りながら互いに惹かれていく話だ。パク・ソンウン、ユン・スンア、オ・スンフンの組み合わせで、公開前から映画ファンの間で話題を集めている。

キャスティングの過程から「パク・ソンウンの相手役になるというニュースに興奮した」というオ・スンフンと、オーディションに抜擢されたスンフンを見て「あの子がヨンウ役を務めるなら、僕も完璧にジェハになれるはず」と考えたパク・ソンウン。格別な演技の呼吸を誇示した2人は、「メソッド」で情熱と本音を行き来する演技を繰り広げる予定だ。

パン・ウンジン監督は「配役に没頭したメソッドの演技は不思議な経験だ。『メソッド』の2人の男の感情は、熾烈で一方的であり、暴力的だ」と述べ、2人の俳優のコンビに対する期待を高めた。

「メソッド」は、10月12日に開幕する釜山国際映画祭「韓国映画の今日ーパノラマー」部門に招待され、初公開される。また、11月からは一般で上映される事になっている。

 記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 前田康代