新人ガールズグループS2「グループ名の由来は“Serendipity”と数字の2」

写真=新鋭S2

セレンディピティ(Serendipity)、偶然に発見する予想外の楽しみや喜び、幸運を言う。知れば知るほど、見れば見るほど意外な魅力が湧き出る新鋭ガールズグループがいる。ソユル、チェウォン、スア、ジュア、ドヒ、ユジョン……次世代万能エンターテイナーを夢見る6人の少女、S2。

――チーム名のS2とは何を意味するの?

ソユル:Serendipityの“S”と数字の“2”を合わせたものだ。“Serendipity”とは、予想外の発見や楽しみを意味する。ここに着目して、ファンに予想外の幸運と愛を与えるという意味を込めた。“S”と“2”を並べて書いたらハートの形が作られる。ここでの“2”は、私たちとファンを示す。

――チーム名からファンへの愛が感じられる。

チェウォン:ファンと友達のように過ごすグループになるのが目標だ。一週間に一回、ファンカフェを通じてファンとのチャットもしている。

ドヒ:私たちよりも私たちのことをより気にして愛してくれるのがファンだ。いつも感謝している。

――デビューして3ヶ月目だ。活動して経験した“予想外の楽しさ”とは?

ユジョン:高校在学中(3年生) で、友達が最近学校の放送局にS2の「HONEYA」をリクエストして聞いていると話してくれた。学校で私が歌った歌が流れるなんて嬉しかった。

ジュア:歩いていたら私たちを知っている人に会った。嬉しくなって、大きな声で挨拶する。ある方はその姿を見て、ファンカフェに加入したという。本当に嬉しかった。

チェウォン:先月、軍部隊の公演に行って来た。軍人の応援の声は本当に大きかった。お陰で元気を頂いた。“軍統領(軍部隊に慰問公演で訪れ、軍人に人気のある歌手(アイドル)の事)”になりたい。(一同笑)

――デビュー曲「HONEYA」はどんな曲?

チェウォン:6人の少女たちの純粋な恋の物語を描いた歌だ。繰り返されるメロディーがあって、歌いやすい。デビュー曲を初めて聞いたとき、あまりにも嬉しくて私達でとても喜んだ。人々も「HONEYA」を聞くだけで嬉しくなって幸せな気持ちになって欲しい。

――メンバーの練習期間の平均は5年だとか。デビューまで決して少なくない時間がかかっている。

ドヒ:デビューが決まっても、いつも言っていた事がある。「デビューするまでは、デビューしたんじゃないんだ!」(一同笑)

チェウォン:デビューショーケースが終わってステージから降りて、「私たち今日デビューしたんだよね?」と言い続けた。メンバーそれぞれ、地方から上京してきて、自力で歌手を準備した。本当に皆長い間待った。やっと夢を果たせて幸せだ。

ジュア:ショーケースの日、両親も来た。ステージでソユル姉さんがこれまで大変だった事を思い出して涙を流したら、私の母がそれを見てもらい泣きした。全員が娘のようで、ジーンとなったって言っていた(笑)

――練習生として過ごしながら諦めたかった時はなかった?

ジュア:ソウルに上京してきて、親戚の家に住みながら練習生生活を耐えた。ある時、辛すぎて荷物をまとめて故郷に戻った。でも翌日上京した(笑) これじゃいけないと、諦めるには余りにも早い気がした。自分だけが辛いのではないので、気持ちを引き締めて、これまで努力した分、絶対に夢を果たして成果を出したかった。

――いつから歌手を夢見たの?

ユジョン:中学3年の時に偶然、複数の歌手が出演する公演を見ることになった。ステージもとても綺麗で、その上で歌って踊る歌手たちもとても綺麗で素敵だった。私もあんなふうになりたいなと思った。その前までは夢が5回変わった……(一同笑) 歌手は絶対ならなきゃと決心した。

スア:両親は、学校で勉強を頑張ってもらった賞よりも、踊ったり歌を歌ってもらった賞のほうを喜んでいた。だから小学校の時ダンススポーツを、高校の時はバンド活動をした。ずっと音楽をしていたら“この道は私の道だ”と気づいた。

ソユル:最初は女優になりたかった。女優を準備していたら、偶然ダンスと歌に接する事になり面白かった。踊りながら表情演技をするのも良かった。そうするうちに運命のようにS2と会ってデビューすることになった。

――ロールモデルを挙げるなら?

ソユル:少女時代先輩だ。ステージの上で見せるカリスマ性はもちろん、それこそ“万能エンターテイナー”でしょう。歌、演技、バラエティなど、全分野で優れたチームだと思う。私たちも、メンバーがそれぞれ特技をいっぱい持っているので、それを見せたい。

――魅力放出に向け出演してみたいバラエティ番組は?

ソユル:SBS「ランニングマン」に出たい。名札を剥がすのが上手いと思う。それにMCのサインをもらってきたい(一同笑)

ドヒ:tvN「SNL KOREA」の「3分のシリーズ」を楽しんで見ている。私たちは壊れる事を恐れるメンバーはいないので、全員出演したら思いっきり笑わすことができると思う。

ジュア:やっぱりMBC every1「週刊アイドル」に必ず出たい。2倍速ダンスコーナーも自信がある。すでに1.2倍速、2倍速ダンスを練習していた(笑)

チェウォン:JTBC「冷蔵庫をお願い」。料理が好き。(ソユル:料理、本当に上手だ!)シェフの料理も食べてみたいし、また、他の人の冷蔵庫の中の材料を使って私が料理をしてみたい。

スア:OnStyleの「Get it Beauty」のようなビューティー番組に出演したい。着飾る事が好き。それかメイクアップ番組やコスメブランドを紹介する番組など、独自のコンテンツも作ってみたい。

ユジョン:大好きな番組がある。JTBC「知ってるお兄さん」。メンバーが何気に発する一言が可笑しくて、「知ってるお兄さん」の先輩たちと良いケミストリー(相手との相性) を作り出せると思う。特に私はソ・ジャンフン先輩やSUPER JUNIORのヒチョル先輩とコンビになりたい。

――最終的に叶えたい夢は?

ソユル:“夢は大きく持つべきだ”と言うでしょう。“1位歌手”になりたいです!(一同笑)

スア:“健康アイドル”という修飾語も得たい。元気な姿で明るいエネルギーを伝えたい。

ドヒ:“第1のS2”になる事。“第2の誰々”ではなく、私たちが見本となるガールズグループになれたら嬉しい。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳:前田康代、写真:イ・スンヒョン

Tagged