BTOB「世間を驚かせる防弾少年団やWanna One、僕たちとは違うカラー」

デビュー6年目のBTOBが、防弾少年団、Wanna Oneなど勢いを見せる後輩グループについて「世間を驚かせる子たち」と述べた。

16日、BTOBが2ndフルアルバム「Brother Act.」をリリースした。アルバムリリースに先立ち、ソウル市論硯洞(ノンヒョンドン) インペリアル・パレスホテルのセレナホールで記者懇談会を開催したBTOBは、ニューアルバムを紹介し、チームカラー、活動、方向性について述べた。

今回のアルバムは、映画「Sister Act.」に着目しアルバム名をつけた。最初のトラック「Prelude:一日」を皮切りに最後のトラック「Finale:僕たちのコンサート」までを1編の演劇のように構成している。

そんな中、ヒョンシクが作詞、作曲から編曲まで直接手掛けたバラード曲「恋しがる」をタイトル曲にしていて関心を引いた。BTOBは以前も「It’s Okay」「Way Back Home」「Remember that」などのバラードタイトル曲で活動しながら、“聴く音楽”より“観る音楽”に集中していたこれまでのアイドルグループとは相反する活動を見せた。

これについてイルフンは「僕たちは型破りな音楽を追求するチームではない。僕たちがしたい音楽、7人ができる音楽をしようという気持ちでアルバムを作業している。僕たちなりのカラーで、様々な年齢層から愛されるブランドになりたい」と述べた。

ミンヒョクは、最近世界のマーケットをステージに刮目するほどの成果を出している防弾少年団、Wanna Oneなどに言及しながら「世間を驚かせる子たちだ。僕たちも彼らにはいつも驚いている」と愛情を見せた。そして「彼らは僕たちとは違う分野で立派な活動をしている。応援している。僕たちもチャンスが来次第、僕たちなりの多様な音楽を披露したい」と語った。

今回のアルバムもBTOBのカラーを収めた。ヒョンシクの他にもイルフン、ミンヒョクの自作曲を収めている。この日午後6時にリリースされた。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代、写真 : イ・スンヒョン