「トゥー・カップス」Girl’s Day ヘリ、骨の髄まで気難しい記者になって登場…鋭い眼差しに“視線集中”

写真=ピープルストーリーカンパニー

MBC新月火特別企画「トゥー・カップス」に出演するGirl’s Dayのヘリが、報道局のがめつい女で登場する。

「トゥー・カップス」(脚本:ピョン・サンスン、演出:オ・ヒョンジョン) で、骨の髄まで気難しい記者ソン・ジアンに扮したヘリの、鋭い眼差しが捉えられた。

ドラマ中、ソン・ジアン(ヘリ) は気さくさを超え大ざっぱな報道局の社会部記者で、あるはずのバック(後ろ盾) もなく、あくせく走って来た熱血な努力家だ。彼女はブルドーザーのような推進力と図太さを身につけ、事件現場に出向き取材に誠意を尽くす。

またソン・ジアンは、強力系の刑事チャ・ドンタク(チョ・ジョンソク) と詐欺師コン・スチャン(キム・ソンホ) と共に、絡みに絡みながらもどかしい韓国社会に痛快さを提供する予定だと言われ、視聴者の好奇心を刺激している。そこで公開された写真の中で、社会部記者に扮するヘリの姿が、ドラマでどのように描かれるのか関心が傾けられている。

特にヘリは、社会的イシューを誰よりも早く事実だけを伝える記者ソン・ジアンに扮するため、いつになく真剣な姿勢で臨んでいるという。実際に記者に会って職業の特徴を分析・研究しながら、表情、行動、ジェスチャー一つ一つ細かく見て撮影を行っている。

ヘリは「久しぶりのドラマで、視聴者の方々にご挨拶に伺うと思うと、嬉しくてワクワクする。俳優の方々やスタッフの方々も現場で気兼ねしないよう配慮して下さり、楽しく撮影している。私も放送を期待しているので、多くの関心をお願いしたい」と述べた。

「トゥー・カップス」は、不真面目な詐欺師が乗り移ってしまった強力系の刑事と、骨の髄まで気難しい社会部記者が繰り広げるファンタジー捜査ドラマ。韓国で11月20日より「20世紀少年少女」の後番組として放送される。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 前田康代