SUPER JUNIOR ウニョク、衝撃発言「僕は残飯担当、歯形が残っているのは…」

写真=tvN「水曜美食会」放送画面キャプチャー

SUPER JUNIORのウニョクが自分の事を“残飯担当”と紹介した。

ウニョクは18日に韓国で放送されたtvN「水曜美食会」に出演し、自分の食習慣を“残飯処理担当”と表現し関心を引いた。

ウニョクがこのように述べると、出演者たちはその理由について尋ね、彼は「僕は食事の最後まで残って食べる」と少し独特な理由を述べた。

MCシン・ドンヨプが「そういう役割はシンドンさんがすると思っていたのに、意外だ」と自分の考えを言うとウニョクは「シンドンはメイン料理担当で、僕は残りの食べ物全部を担当するんだ」と答えた。

続けてウニョクは「僕が好きな食べ物があれば、知らない人が食べ残した物だとしても食べれるほどだ」と答え、出演陣を衝撃に陥れた。

これを聞いていたチョン・ヒョンムは「さっき控え室で餃子を食べ残してきたんだが、それ召し上がっても良いですよ、歯形が残っているけど」と付け加えた。するとウニョクは「僕はなんでも食べはするが、歯形が残っているのは食べない」と返し笑いを誘った。