楽童ミュージシャン イ・スヒョン&JBJ クォン・ヒョンビンら出演ドラマ「非正規職アイドル」台本読み合わせ現場を公開

写真=SBS

「非正規職アイドル」の台本読み合わせの現場が公開された。

「非正規職アイドル」は、多数のスターアイドルを制作した変わり者のプロデューサーが、長期間の雲隠れの後戻って来て、会社から放棄されていた練習生たちを、男女混成アイドルグループでデビューさせる過程を描く。キム・ミンギョ、カン・ソンジン、キム・ヒジョン、ファン・スンオン、楽童ミュージシャンのイ・スヒョン、クォン・ヒョンビン、クォン・ヨンドゥクなど、華やかなキャスティングのラインナップを公開し、視聴者たちから大きな期待を集めている。

先月、炭硯(タンヒョン) SBS制作センターで進められた「非正規職アイドル」の台本読み合わせの現場には、ナム・テジン監督、アン・ヨンジン作家などの制作陣をはじめ、出演者が総出動して軽快な出発を知らせた。

変わり者のプロデューサー役キム・ミンギョは「台本を見たら、これまでになく画期的だった。僕は演技を始めて25年目だが、今日が一番緊張する」と緊張感と期待感を示した。楽童ミュージシャンのイ・スヒョンは「兄(イ・チャンヒョク) が軍隊に行ってから、一人でやって行かないといけなくなった。この作品が初めてだ」と強い意志と覚悟を見せた。

台本読み合わせは、終始和気藹々とし、愉快な雰囲気の中で行われた。見栄っ張りでSNSにハマっている練習生役を演じるクォン・ヒョンビンは、劇中のキャラクターと“シンクロ率100%”の演技を見せ、現場は笑いに包まれた。芸能人だと完全に錯覚しているクォン・ヒョンビンの演技に、出演陣もスタッフも「もしかして、素の姿じゃないの?」と笑った。ナム・テジン監督も「ヒョンビン君の演技は、予想をはるかに超えている」と賞賛を惜しまなかった。

しっかりした演技力と美貌を兼ね備えたキム・ヒジョンとファン・スンオンも、この日、リアルな演技を披露し期待を高めた。2人の俳優それぞれ、短気とステージ恐怖症のキャラクターの役柄を熟練した演技で見せ、制作陣を微笑ませた。2人はこれまで一般に公開しなかったレベルの高いラップまで披露し、思いがけない魅力を見せた。

「非正規職アイドル」を通じて、初めて演技に挑戦するイ・スヒョンも、ナム・テジン監督から発音が良いと評価を受け、また“演技の神童”と絶賛された。

俳優たちは劇中の役割について監督と作家に先に質問をするなど、積極的で情熱的な姿で台本読み合わせに臨んだ。俳優たちの活気に満ちた台本読み合わせを見守ったアン・ヨンジン作家は「みんなとても上手だ」と満足感を示した。

「非正規職アイドル」は、SBS MobidicとYG KPLUSのコラボレーションで話題を集めたのに続き、最初の顔合わせから愉快なエネルギーと確かな演技力を誇り、視聴者の注目を惹きつけている。11月末、オンラインチャンネルに先行公開された後、12月初めに韓国のSBS地上波チャンネルでも放送される予定だ。

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 前田康代