TWICE、韓国ショーケースで日本での人気に言及「少女時代、KARA先輩が作った道のおかげ」

TWICEが日本での良い反応を受け、「少女時代、KARA先輩のおかげ」と先輩たちへの感謝の気持ちを述べた。

TWICEが本日(30日) 午後4時、ソウル市広津(クァンジン) 区広壮洞(クァンジャンドン) YES24ライブホールにて、1stフルアルバム「Twicetagram」の発売記念ショーケースを開催した。

この日の席で日本国内でブームを巻き起こしている最近の好成績に関連して、メンバーのサナは「雑誌や朝のニュースなどで私たちについて取り上げてくれる」としながら、「日本で多くの方々が私たちに関心を示してくれて愛して下さるのは、少女時代とKARA先輩が作られた道だと考える」と謙虚に話した。

引き続き「まだたくさん足りない部分があるが、熱心に活動する」としながら、「今後日本のファンたちにTWICEの姿をたくさんお見せして、ファンたちにさらに多く近付くチャンスを持ちたい」と付け加えた。

合計13トラックが収録される今回のアルバムには、ブラック・アイド・ピルスンを筆頭に、韓国内外の有名プロデューサーが総出動して活力を吹き込んだ。ダヒョンとチェヨン、ナヨンとジヒョ、ジョンヨンなどが作詞に参加した。

タイトル曲「Likey」はこれまで協業してきたブラック・アイド・ピルスンとチョングンの合作で、フューチャーエレクトリックポップジャンルの曲だ。「好き」という単語が持つときめきと震えを盛り込んだ歌詞がうまく調和して、聞く面白さを加えている。

1stフルアルバム「Twicetagram」は本日午後6時に公開される。