イ・グァンス、親友ソン・ジュンギのせいで屈辱感?「期待して撮影現場に行ったのに…」

写真=SBS「ランニングマン」

5日に韓国で放送されたSBS「ランニングマン」で、イ・グァンスが親友ソン・ジュンギのせいで屈辱を受けたエピソードを公開した。

この日の「ランニングマン」では「秋を迎えた思い出旅行」レースを繰り広げた。メンバーは、秋に関連した思い出の品をひとつずつ持ってきて、それにまつわるエピソードを公開した。

“秋の思い出トーク”を続けていた中、イ・グァンスはふと思い出した過去の屈辱を暴露し、悔しさを訴えた。それは、最近結婚した“親友”ソン・ジュンギのせいだった。過去キム・ジョングクに招待されて、キム・ジョングクのミュージックビデオ撮影現場に遊びに行ったイ・グァンスは「内心、男性主人公としての出演を期待していたが、蓋を開けてみると男性主人公はソン・ジュンギだった」と話し、さらに「自分はソン・ジュンギが退屈だといけないからと呼ばれただけだった」と暴露した。

これに当惑したキム・ジョングクは、事実ではないと弁明したが、イ・グァンスは憤怒し「僕も一緒に行ったのに、プレゼントはソン・ジュンギにだけあげたじゃん!」と付け加え、現場を笑いの渦に巻き込んだ。

ソン・ジュンギは2012年、キム・ジョングクの7thフルアルバム「男はみんなそんなものさ」のミュージックビデオに友情出演し、厚い義理を見せた。

「ランニングマン」は5日午後4時50分に韓国で放送された。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳:浅野わかな