JYJ ジェジュン、台湾でのファンミーティングを成功裏に終了…“皆さんの愛に感謝します”

写真=C-JeSエンターテインメント

JYJ ジェジュンが台湾でアジアファンミーティングツアーをスタートした。

5日、ジェジュンは台湾・台北の台湾大学体育館で、アジアファンミーティングツアー「2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR FANMEETING in Taiwan」公演を成功的に終えた。

「チンツァイツォン(JYJ ジェジュン)!」と休むことなく連呼するファンの呼びかけに応えるかのように登場したジェジュンは「大家好、你们好马(こんにちは、お元気でしたか?)」と中国語で挨拶を伝え、会場を一瞬で熱くした。

ジェジュンは最初のコーナー「ポストイットトーク」でコンサート前にファンが直接作成した質問に応える時間を持った。その中で本人が思っている素晴らしい人生とは、何かという質問をされたジェジュンは、「(皆さんがいるから)寂しくない人生だ。今送っている人生が素晴らしいと思う」と答え、大きな歓声を受けた。また、次のアルバムに対する計画と、普段料理に素質があるだけに、料理本の発刊に対する抱負まで話し、これからの活動に対して期待を高めた。

続いて、コーナー「知っているジェジュン」では、「台湾に来て一番最初に食べた食べ物は?」というクイズを出されたジェジュンは、連続で誤答を叫ぶファンに向かって、「皆さんの愛だ!」という正解を公開した。頭上にハートを描きながら拍手をするなど、才知溢れる急展開な行動を見せた。

次に様々な現地の食べ物が登場し、皆の目を引いた「ジェジュン美食会」では、グローバルモクバン(食べる放送)を披露し、映画「我的少女時代~Our Times」(私の少女時代)」のOSTである「小幸運(小さな幸せ)」を歌うミッションを課せられたジェジュンに、ファンが「汚れていない心から、君と出会ったのは幸運だ」というサビを一緒に合唱し、一つになった心を見せる壮観を演出した。

「歌王来られた」のコーナーでは、人気バラエティ番組「無限挑戦」で「ジャック・ブラック」が行われ、人気を集めた。ジェジュンが携帯で一人で歌を聴き、ハミングで歌い、ファンが当てるゲームを行なった。ファンの続く正解の連発に、ジェジュンは「どうしてすぐに当てられるんだ?」と話し、驚くと同時にサイン入りの記念品を伝達するなど、言語の壁を超えた“アーティストとファン”の以心伝心を確認した。

トークだけでなく、熱い歌のステージまで披露した後、ファンミーティングのフィナーレを迎えた。ジェジュンは、客席一席一席を見て、一人一人と目を合わせ「台北は3年ぶりですね。久しぶりに会って、どうでしたか?(14年という)長い時間のおかげで、僕達が親しくなったけれど、少し会わないと不安になりますよね。それでも皆さんがその場所をそのまま守ってくださり、とても嬉しいし感謝です。皆さんの思いに応えることができるように、最善を尽くして努力します」と心からの気持ちを伝えた。客席のファンは歓声で応え、互いに感動を与えたファンミーティングは成功裏に幕を下ろした。

ジェジュンは11月19日、香港で「2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR FANMEETING」を続けて開催する。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな