JBJ、これから叶えたい彼らの“Fantasy”とは?

(後列の左から時計回りに)JBJ クォン・ヒョンビン、ノ・テヒョン(HOTSHOTのKID MONSTER)、キム・ヨングク、キム・ドンハン、キム・サンギュン、高田健太

 夢の中の愛しさが現実の奇跡として花咲いた。10月18日、ファンの熱い声援によりデビューまで叶えたJBJのストーリーだ。これからJBJは、ファンに忘れられない一つの意味として残るだろう。

――デビューした気分はどうですか?

クォン・ヒョンビン:少し前の連休の時にも、振付の練習と(個人スケジュールの)MBCドラマ「ボーグマム」の撮影を並行させようと、全メンバーが秋夕(チュソク:日本のお盆に当たる韓国の祭日)当日だけ休むことになりました。大変だったけどすごくときめく思いで準備しました。何よりも、僕たちをデビューさせてくれたファンに会うためですから。

高田健太:メンバーが皆同じ気持ちだと思います。でも秋夕の時に、元の所属事務所のSTAR ROADの代表が家に招待してくれて、ソンピョン(松餅)も直接作ってくれて嬉しかったです。ソンピョン(松餅)、美味しかったな(笑)。

ノ・テヒョン:毎日、首がだんだん締め付けられる感じだけど、悪くはないです(笑)。6人全員で初めてJBJとしての何かを見せるというのは、心配だけど期待もありました。

――ファンの願いでデビューもして、宿所ではリアリティー番組「よく見て JBJ」も撮影しながら、一緒に暮らすことになりましたね。お互いの第一印象と、どうやって親しくなったのか、教えてください。

高田健太:ヨングクとは、こんなによく馬が合うとは思いませんでした(笑)。一緒にいると、どこか安らぐ気分になる人がいるけど、僕にとってはヨングクがそんな存在です。

キム・ヨングク:僕も、健太兄さんとこんなに性格が合うとは思いませんでした(笑)。メンバーとは、宿所に入所した時はまだ少しぎこちない雰囲気があったけど、今は冗談も言い合える仲になりました。特にサンギュン兄さんとはよく冗談を言い合います。ほとんど毎日(笑)。

ノ・テヒョン:サンギュンも僕も、それぞれグループで活動したことがあるから、Mnet「プロデュース101」シーズン2に出演する前からお互い知っていました。特に交流はなかったけれど、サンギュンが「プロデュース101」シーズン2のお化けドッキリ編で、鏡を見ながら自分で「かっこいい」と言っているのを見ました。その時「正気ではない子が一人いるなあ」と思いました(笑)。それからは「It’s-Show Time」を一緒に準備しながら親しくなりました。

キム・サンギュン:テヒョン兄さんも親しくなる前は挨拶だけする仲でした。クランプを踊るのを見て、カリスマ性があってカッコいいフリをする人だなとも思っていました(笑)。ドンハンは初めて見た時、生まれつきのアイドルだと思いました。

キム・ドンハン:僕は、初めてテヒョン兄さんがクランプを踊るのを見て、とても怖かったです。でも今は全く怖くないけど(笑)。テヒョンさんはクランプを踊ってる時と普段とでは180度違うんです。

――ルームメートのテヒョンさんとドンハンさんは、選択権があったのにどうして一番小さい部屋を選んだんですか?

ノ・テヒョン:サンギュンは猫アレルギーがあるんだけど、僕たちの部屋の向かい側の部屋は、ヨングクとヒョンビンがトルビとルーシー(ヨングクが飼っている猫の名前)と一緒に暮らしている部屋なんです。だからサンギュンが嫌かと思って、譲りました。でも生活していると、僕も少し猫アレルギーがあるかもしれないと思ってきました(笑)。

(左から)ノ・テヒョン、高田健太、キム・ドンハン

――「よく見て JBJ」の第1話で入居パーティーをした時に、みんなでリップスティックを厚塗りしていたけど、その理由は何だったんですか?

クォン・ヒョンビン:放送には出てこなかったけど、実はハロウィーンパーティーだったんです(笑)。ハロウィーンパーティーをメンバーとやりたかったんですが、デビュー後は忙しくて出来なさそうだから先にしたんです。

――アルバム「Fantasy」をレコーディングしたり、タイトル曲のミュージックビデオを撮影しながら、記憶に残るエピソードはありますか?

高田健太:ミュージックビデオの撮影最終日に、監督がケータリング車をプレゼントで呼んでくれました。車に応援コメントまで書いてくださって、本当に感動しました。徹夜した後にみんなで集まって、トッポギ(韓国風もちの唐辛子煮)やスンデ(豚の腸の中にもち米や春雨などを詰めて蒸した料理)や天ぷらとかを食べたのが記憶に残っています。

キム・ドンハン:僕は今回、初めてミュージックビデオを撮影したのですごくワクワクしていました。もちろん、3日間徹夜しながら撮ったのでそのイメージは壊れましたが(笑)。

キム・サンギュン:ドンハンがミュージックビデオの撮影前日の夜、すごくテンションが上がっていました(笑)。だからテヒョン兄さんと僕があまり期待するな、力を蓄えておけと言ったんです(笑)。

キム・ヨングク:僕は今回のミュージックビデオを撮影しながら、初めてカラーコンタクトをしてみましたが、目に適応するまでの時間が少しかかりました。それで、ケータリング車の前でも涙に濡れたトッポギを食べたんですが、美味しかったです(笑)。

――キム・ヨングクさんは今回の活動で、ヨングク&シヒョンの活動時よりもっとゆるいセクシーさを見せると話したことがありましたね。特別に準備したものはありますか?

キム・ヨングク:今回のアルバムでは、バラードの「夢を見ているよう」以外にはすべてダンスがあります。だから数曲の振付練習をしながら、ヨングク&シヒョンの時にお見せした雰囲気でやっていたら、ゆる過ぎるという評価があったので、少し変えました(笑)。

――SBS「本格芸能真夜中」に出演した時は、キム・ヨングクさんが一人だけカバンを持っていました。特別な理由があったんですか?

キム・ヨングク:スタッフがもう車を降りるように言ったので、普段通りにカバンを持って出ていきました。普通は楽屋みたいな所で少し準備してから、撮影待機をするんです。でも本当にすぐに撮影に入っちゃったんです(笑)。

クォン・ヒョンビン:僕も愛用カバンみたいに、いつも必需品を持ち歩くカバンがあります。ドラマの撮影をしなきゃいけなくて、家と宿所を本当によく行き来するからです。

――収録曲の話をすれば、今回サンギュンさんが2曲も作詞したのが目立ちます。「Say My Name」には「プロデュース101」シーズン1に出演していた、チョン・ソヨン、Flow Blowと共同で作詞をしましたが、どのようにできた組み合わせなんですか?

キム・サンギュン:もともとガイドラップがありました。でも、僕がどうせ僕が歌うんだから、僕が書いた方がもっと口に馴染むと思って、一度書いてみると提案したところ、幸い選ばれたんです(笑)。

――テヒョンさんとドンハンさんは振付に優れた能力がありますよね。今回のアルバムにも振り付けで参加した曲はありますか?

ノ・テヒョン:今回は専門の振り付け師の方がすべて作ってくれました。

キム・ドンハン:「Fantasy」に一秒だけ入る振り付けがあります!(笑)アイディアだけ出してみたんですが、それが選ばれました。エンディングの振り付けです(笑)。

――タイトル曲「Fantasy」に、空想家という意味の「daydreamer」という歌詞があります。時々空想家な面を感じるメンバーは居ますか?

高田健太:僕は歩く時「ここで自動車が突然僕の方に来たら、死にそうだな」と感じることがよくあります(笑)。

クォン・ヒョンビン:僕も似ているけど、高い所に上がった時、たまに「ここから落ちて死んだらどうしよう」と思うことがあります(笑)。

(左から)クォン・ヒョンビン、キム・ヨングク、キム・ドンハン

――それぞれのファンタジー、あるいは夢はなんですか?

キム・ヨングク:僕はソロアルバムを出すことかなあ。

クォン・ヒョンビン:2018年のMAMA(Mnet Asian Music Awards)で新人賞をとることです。

ノ・テヒョン:僕とサンギュンは、それぞれHOTSHOT、ToppDoggとしてデビューしたことがあります。当時に出来なかった活動をするのがファンタジーであり夢だけど、少し前にひとつ叶えました。それは、MBC every1「週刊アイドル」に出ることです(笑)。久しぶりに「プロデュース101」シーズン2で出会ったメンバーにも再会できて面白かったです。

キム・ドンハン:すごく人気が出て、ファンが僕の歌をアンコールの時に歌ってくれることです。昔から夢見てきた、ファンタジーなんです。

高田健太&キム・サンギュン:JBJの活動を美しく続けていくことです。

――2018年にやってみたいことや、叶えたいことはありますか?

高田健太:アメリカに行くことです。本当に行きたかったんですが、一度も行ったことがなくて。写真集の撮影や音楽制作もしてみたいし、ダンスも学んでみたいです。旅行で行くのも良さそうです。

クォン・ヒョンビン:さっき言った僕の夢、ファンタジーと同じです。2018年のMAMA(Mnet Asian Music Awards)で新人賞を取ることです。

キム・ヨングク:JBJの活動が終わって、一ヶ月位僕もアメリカに行ってみたいです。中国にも行ってみたいですね。

キム・ドンハン:実の兄と12歳、年の差があります。でも父がいないので、僕が父の代わりに兄にもっといい車を買ってあげたいと思います。

ノ・テヒョン:芸能人は祝福された職業だと思います。やりたいことを仕事にできるということ自体が簡単なことじゃないですから。だから今までやって来たように、一生懸命活動したいと思います!

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな、写真 : パク・チャンモク作家、場所 : カメラウォーク