防弾少年団 RAP MONSTER、アメリカの音楽授賞式「AMAs」出演に感激…“英語の勉強を頑張らなくちゃ”

写真=「V LIVE」画面キャプチャー

防弾少年団のRAP MONSTERが9日、「V LIVE」の生放送を通して「想像もできなかったことが現実になり、幸せだ」と話した。

防弾少年団は19日、アメリカの3大音楽授賞式の1つである「2017 AMAs(アメリカン・ミュージック・アワード)」に参加する。K-POPグループの中で初めてだ。

これについてRAP MONSTERは「グラミー賞の次に権威のある授賞式だ。本当に言葉にならない」と伝えた。続いて「信じられないことが現実になって幸せだ。ファンの皆さんがそれを可能にしてくれた」と感謝の想いを伝えた。

「AMAs」参加のためアメリカに滞在している間、現地の有名トークショー「Jimmy Kimmel Live!」「The Ellen DeGeneres Show」等に出演する予定だ。

グループで英語の実力者として通っているRAP MONSTERは「英語の勉強をまた頑張らなくちゃ」言い「トークショーは初めてなので怖いし、緊張している。アドバイスをもらいながら準備しなければならないと思う。メンバーにも助けて欲しいとお願いした」と付け加えた。また、「最善を尽くし、たくさんの方々が期待されている分頑張って、韓国に帰って来る」と約束した。

記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな