Red Velvet、ショーケースで新曲「Peek-A-Boo」を紹介“ただ大人しい曲ではない”

「絶妙な雰囲気が感じられる曲です。」

Red Velvetのリーダーアイリンが新曲「Peek-A-Boo」を説明した。

Red Velvetは16日、ソウル三成(サムソン)洞SMTOWN COEX ARTIUMでフル2ndアルバム「Perfect Velvet」発売記念メディアショーケースを開催。この席でRed Velvetは、今回のアルバムのタイトル曲「Peek-A-Boo」を初公開した。

アイリンは「“Peek-A-Boo”という言葉は“いないいないばあ”という意味だ。予告イメージを見れば、可愛いようでただ可愛いだけではない雰囲気だけど、“Peek-A-Boo”も絶妙でミステリアスな雰囲気がある。絶妙な雰囲気を感じることのできる曲だ」と話し、「2つの相反する魅力を一度で感じることが出来るだろう。」と話した。

メンバーイェリは「昨日遅くまでダンスの練習をした」と話し、「ただ大人しい曲ではない。でも今まで私たちが見せてきたダンスパフォーマンスとはまた違うと思う」と話し、新曲のステージに対する期待感を高めた。

Red Velvetのフル2ndアルバムとタイトル曲「Peek-A-Boo」は17日午後6時、音楽配信サイトを通して公開される。

 記者 : ユン・ジュンピル、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン