「失踪2」T-ARA ウンジョン”アイドルのイメージのために役を悩んだことはない”

写真=10asia

T-ARA ウンジョンが16日、ソウル龍山(ヨンサン)区二村洞(イチョンドン)CGV龍山(ヨンサン)アイパークモールで開かれた、映画「失踪2」のマスコミ向け試写会及び記者懇談会で「アイドルのイメージのために役を悩んだことはない」と話した。

ウンジョンは「アイドルとして歩んできた歩みとは違ったイメージのキャラクターだ。しかしそのせいで悩んだことはない」と話した。

彼女は「『失踪2』のシナリオを読んだ時、惹かれる作品だった。客観的に見た時も面白かったし、キャラクターを哀れに感じた」と話し、作品を選んだ理由を説明した。

「失踪2」は就職するために奮闘するソニョン(T-ARA ウンジョン)とお金が必要な不正刑事ソン・ホン(イ・ウォンジョン)、盛りを過ぎた俳優アジン(ソ・ジュニョン)が運命のようにウォルタ山で出会い、彼らが互いの犯行を目撃しながら、追って追われる生存ゲームを繰り広げる内容のスリラー映画だ。韓国で30日に公開される。

記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 浅野わかな