ユ・スンホ&チェ・スビン&オム・ギジュン「ロボットじゃない」撮影現場での仲睦まじい姿が公開

写真=MBC

MBC新水木ドラマ「ロボットじゃない」(脚本:キム・ソンミ、イ・ソクジュン、演出:チョン・デユン)側がユ・スンホ、チェ・スビン、オム・ギジュンの愉快な姿を公開した。

16日に公開されたスチールカットでは、仲睦まじいユ・スンホ、チェ・スビン、オム・ギジュンの姿が込められている。ユ・スンホとチェ・スビンカップルは愛情のこもった眼差しの演技と愛らしさを見せている。2人は真剣に感情演技をしたかと思えば、休み時間には明るく笑いながら友情を見せている。

オム・ギジュンとチェ・スビンが一緒にいる姿も目立つ。チェ・スビンはヒューマノイドロボット「アジ3」と活気溢れたチョ・ジア役を行き来し、多様な魅力を披露した。オム・ギジュンは天才工学博士に変身する。2人は休み時間の度に、互いの撮影をモニタリングするのはもちろんのこと、スタッフまで細やかに気遣いながら、温かい雰囲気を作っているという。

「ロボットじゃない」の制作陣は「3人の俳優は現場でとても仲が良い。ユ・スンホとチェ・スビンは休み時間になると一緒に笑いふざけ合いながらも、演技に対する悩みを分かちあっている。チェ・スビンとオム・ギジュンもやはり撮影現場の公式ムードメーカーカップルだ。いつも明るいエネルギーとポジティブなマインドで相手の俳優はもちろん、スタッフの気分まで明るくさせる。2つのカップルは互いに違う魅力を持っており、2カップルを比較して見るのもドラマの大きな視聴ポイントの一つだ」と話した。

「ロボットじゃない」は人間アレルギーのために女性と付き合うことができない一人の男性が、止むを得ずロボットを演じる女性に出会い、恋に落ちるという内容のドラマだ。韓国で今年下半期に放送予定だ。

記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 浅野わかな