Apink チョン・ウンジ&コ・ジュニ、新ドラマ「アンタッチャブル」の初対面シーンを公開

写真=JTBC「アンタッチャブル」

「アンタッチャブル」のApink チョン・ウンジとコ・ジュニの秘密の出会いが収められたツーショットが初公開された。

JTBC新金土ドラマ「アンタッチャブル」側が前大統領の娘コ・ジュニ(ク・ジャギョン役)と天真爛漫なおせっかい検事チョン・ウンジ(ソ・アラ役)の秘密の出会いが込められた緊張感溢れるスチールカットを公開し、関心を集めている。

コ・ジュニは野望に満ち溢れたチャン氏一家の嫁として、前大統領の娘ク・ジャギョン役を、チョン・ウンジはチャン氏一家と因縁が始まる新人検事ソ・アラ役を演じる。特にドラマの中でチョン・ウンジは、出世のためなら権力集団との妥協もいとわない人物。これに、権力の粗をつかみたい新人検事チョン・ウンジと権力の中心に立つコ・ジュニの面と向かった対面が公開されたのだ。

公開されたスチールカットで、コ・ジュニは孤高な姿勢を誇り、独りで座っている。まっすぐな彼女の姿が優雅で気品あるオーラを醸し出し、目をひく。チョン・ウンジは中年男性の登場にビックリしたように彼の前で右往左往しており、中年男性がチョン・ウンジにとって難しい存在であることがわかる。その反面、コ・ジュニは余裕な様子でこの状況を楽しむかのように笑顔を浮かべている。これでチョン・ウンジとコ・ジュニの社会的地位が違うことが感じられる。

何よりチョン・ウンジとコ・ジュニの互いに違う視線が交差し、妙な緊張感を出している。コ・ジュニはチョン・ウンジを意味深に眺めており、チョン・ウンジは緊張感溢れる表情で面食らった様子がうかがえる。そのためチョン・ウンジとコ・ジュニがどんな理由で会ったのか、疑問を抱かせる反面、彼女たちがどんな関係を築いていくのか関心が集まっている。特に、チャン氏一家の次男チャン・ジュンソ(チン・グ)と長男チャン・ギソ(キム・ソンギュン)の対立以外にも前大統領の娘ク・ジャギョンと新人検事ソ・アラの対立が予告されており、複雑に絡み合う人間関係が期待できる。

これは10月末に坡州(パジュ)の波路石洞(ハジソクドン)で撮影されたスチールカットで、コ・ジュニがチョン・ウンジに秘密の出会いを提案し、対面することになるシーンだ。コ・ジュニとチョン・ウンジは撮影前は楽しく笑っていても、サインと同時に感情移入し、演技に集中していたという。

「アンタッチャブル」制作陣側は「このシーンはコ・ジュニとチョン・ウンジの仲を説明する端的なシーンの内のひとつだ」と伝え、「前大統領の娘とおせっかい検事がこれを通して戦略的主従関係を結ぶのか、スリルあるコ・ジュニとチョン・ウンジの“ウーマンス(ウーマン+ロマンス)”を期待して欲しい」と明らかにした。

「アンタッチャブル」は「恋するパッケージツアー」の後番組として、韓国で24日午後11時に初放送される。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな