「犯罪都市」ユン・ゲサン、観客動員数500万人突破を記念し食事会を開催…“ファンとの約束を守る”

写真=SARAM ENTERTAINMENT

俳優ユン・ゲサンが「犯罪都市」観客数500万人突破の約束を実行する。

ユン・ゲサンは12月22日、ソウル江南(カンナム)区所在のとあるレストランでファンと食事を楽しむ。公式ファンクラブ「恋人ゲサン」の会員は、誰でもイベントに応募可能であり、ユン・ゲサンが直接抽選する。

これは10月に公式ファンクラブ「恋人ゲサン」が映画「犯罪都市」を団体観覧した日、ユン・ゲサンが「観客数500万人を突破したらファンと一緒に食事をする場を準備する」と言った約束を守るための場だ。

ユン・ゲサンは「犯罪都市」で新興犯罪組織のボス、チャン・チェン役を演じ、初の悪役に挑戦した。長い髪をなびかせた破格的な外見の変身は勿論のこと、延辺の方言を駆使し、チャン・チェンを完璧に演じた。また“人生キャラクター”に出会ったという好評を得た。

最近、各種放送番組でチャン・チェンのキャラクターがパロディーに使用されるなど“チャン・チェンシンドローム”を巻き起こしている。

ユン・ゲサンの公約に関連した詳細な内容は、所属事務所 SARAM ENTERTAINMENTの公式ホームページで確認することができる。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな