FTISLAND イ・ジェジン、新ドラマ「4つのハウス」主演に抜擢!

写真=FNCエンターテインメント

FTISLANDのイ・ジェジンがMBC every1の4部作ドラマ「4つのハウス」の主演に抜擢された。

「4つのハウス」は1人でいることに慣れた現代社会の人々が特別なシェアハウスに集まって暮らし、お互いの感情を共有し、本当の愛を見つけるストーリーを描いたドラマだ。ドラマの中でイ・ジェジンは主人公ソンミン役を演じ、アイドル出身でありシェアハウスの主人公に変身する。

イ・ジェジンが演じるソンミンは、性格があまり良くないせいで、いつも問題を起こし、結局事件を起こしてグループから脱退したキャラクターだ。人々の非難と自らの自責のせいで世の中との疎通を断絶し、閉鎖的な人生を生きているが、ナユン(LADIES’ CODE ジュニ)と共にシェアハウスに暮らしながら、少しずつ心を開くようになる。

イ・ジェジンは2007年、KBS 2TV「止められない結婚」を通して俳優活動をスタートしたあと、映画「歩き王」、SBS「姉は生きている」、ウェブドラマ「学園サバイバル~アブジェンイ~」「マイ・オンリー・ラブソング」等に出演し、地道に成長する姿を見せた。

特に「姉は生きている」では、ナ・デイン教官(アン・ネサン)の厄介者の末っ子ナ・ジェドン役を演じ、カン・ハセ(チン・ジヒ)との初々しいロマンスを描き、可愛いシーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)として大活躍した。続いてイ・ジェジンが「4つのハウス」ではどんな魅力を繰り広げ、視聴者たちを虜にするのか、期待が集まる。

「4つのハウス」は韓国のMBC every1でまず放映された後、モバイルドラマバージョンでBSP TVチャンネルで2018年上半期に放送される計画だ。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな