「2017 MAMA」NU’EST W&SEVENTEENがコラボ!新曲「HEAVEN」公開(動画あり)

写真=Pledisエンターテインメント

NU’EST WとSEVENTEENが「2017 Mnet Asian Music Awards」(以下 2017 MAMA)の日本授賞式でコラボステージを披露し、新曲を公開した。

NU’EST WとSEVENTEENは29日、横浜アリーナで開催された「2017 MAMA in Japan」で合同ステージを披露した。「2017 MAMA」が“共存”というコンセプトで行われたため、2グループは今年1年応援してくれたファンに感謝の気持ちをお返ししようと、熱いステージを準備した。

SEVENTEENはまずロックバージョンで編曲した「万歳」のステージを披露した。続いて11月に発売したタイトル曲「CLAP」のステージを公開した。

次に登場したNU’EST Wは「女王の騎士」のオープニングと、「WHERE YOU AT」のステージを続けて披露し、ステージを掌握した。

相反するイメージとコンセプトを披露した2グループは、続くVCRの画面を通して、これまでの雰囲気とは異なる新しい雰囲気を表した。また彼らは27日に所属事務所Pledisエンターテインメントが予告していた新曲「HEAVEN」を初めて公開し、注目を集めた。

「HEAVEN」の歌とステージは昼と夜の境界で物事と相手が正確に見分けられない、“犬と狼の時間(Heure entre chien et loup)をモチーフにした。ボーカリストであり、プロデューサーであるBUMZUとNU’EST Wのベクホ、SEVENTEENのウジが共に作業した。17名のメンバーが新たなパフォーマンスを披露し、調和を成して一つになった。

「2017 MAMA in Japan」でNU’EST WはDiscovery of the Yearを、SEVENTEENはベストダンスパフォーマンス賞を受賞する栄誉に輝いた。

 記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 浅野わかな