イ・スンギ、新ドラマ「花遊記」台本読み合わせ現場を公開…“一生懸命仕事してます“

写真=tvN Instagram

イ・スンギが除隊後、約束通りに“一生懸命仕事する“姿が捉えられた。

tvNは1日、公式Instagramを通して「イ・スンギ、僕は齊天大聖孫悟空だ #除隊後初復帰作 #退廃的悪童妖怪 #孫悟空」というコメントと共に数枚の写真を掲載した。

写真では tvN新土日ドラマ「花遊記」で孫悟空として出演するイ・スンギの台本リーディングの姿がこめられている。彼は特有のえくぼの微笑みを浮かべ、現場の雰囲気を楽しんでいる。そんな中でもひたすら真面目な表情が目を引く。また、ドラマの中の孫悟空役に没入するような悪ガキのような表情をする姿が印象的だ。

特に変わりないハンサムな外見と、成熟した姿がこれからの歩みをより期待させる。

「花遊記」は古代小説西遊記をモチーフに、退廃的な悪童妖怪である孫悟空(イ・スンギ)と高尚な紳士妖怪の牛魔王(チャ・スンウォン)が、暗い世界の中で光を探していく旅程を描く、絶対的ロマン退魔ドラマだ。ホン・ジョンウン&ホン・ミランのホン姉妹作家の新作で23日午後9時に韓国で初放送される。

記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな