「憎くても愛してる」INFINITE ソンヨル&イ・ドンハ、ピョ・イェジンを巡って熾烈な神経戦に

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=KBS

INFINITEのソンヨルとイ・ドンハが、ピョ・イェジンを巡って本格的なレースに突入した。

先日(29日)韓国で放送されたKBS 1TVの毎日ドラマ「憎くても愛してる」(脚本:キム・ホンジュ、演出:パク・ギホ)では、ウンジョ(ピョ・イェジン)が自身のアイディアで行った、市場でのメイクアップショーを成功裏に終えた。

ソクピョ(ソンヨル)は彼女を祝うためにイベント会場に来たが、その間中スピーカーの騒音と記者たちのカメラのシャッター音に突然パニック障害の症状が現れ、その場を離れようとした。その瞬間、ウンジョが近付いてきて「死ぬ程辛ければ一緒に行ってあげます。そうじゃなければ我慢してください」と言いつつ彼を見守ると、結局ソクピョは安静を取り戻すことができた。

同じ時刻に、ブシク(イ・ドンハ)もイベント会場を訪れると、ウンジョとソクピョが仲が良さそうに一緒に居る姿を発見し「またあいつか?」と言い放ち、ライバル意識を表した。

イベントが終わった後、ウンジョに会うために質屋「ダイア」に来ていたブシクは、ソクピョと出くわした。ブシクはソクピョに、ウンジョを探す理由を尋ねたが、ソクピョは彼の言葉を無視し、質屋の職員にウンジョの行方を聞いた。

ブシクは怒りを抑えながら、ソクピョに再度尋ねたがソクピョは「それはビョン・ブシクさんとは関係ありません」と、回答を拒否した。また「キル・ウンジョさんとはどんな関係ですか?」と単刀直入に尋ねると、答えを回避していたソクピョは、余裕のある笑みを浮かべ「もう少し考えてみないといけませんね」と、言葉で彼を挑発までした。

ソクピョとウンジョは二人ともガサツなため、会う度に言い争いながらも、一緒にショーを企画しながら親しくなってきている。反面、ブシクはウンジョの母親であるヘンジャ(ソン・オクスク)の財産を見て、ウンジョに接近しているのだ。自然に近づくソクピョと意図的に接近するブシク、二人の男の内誰がウンジョの心を掴むことができるのか、関心が集中している。

「憎くても愛してる」は、月曜日から金曜日まで午後8時25分に韓国で放送している。

記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな