BIGBANGのV.I、ポップアート展のオーディオガイドに参加「楽しかった」

写真=YG ENTERTAINMENT

BIGBANGのV.Iが声の才能寄付に乗り出した。

V.Iは15日、ソウル江南(カンナム)Mコンテンポラリーで開催される、「Hi, POP-通りに出た美術、ポップアート展」のオーディオガイドに参加する。

オーディオガイドの販売収益金の一部は視覚障害児童のためにV.Iの名前で寄付される予定だ。

V.Iは「普段好きだったポップアーティストたちのより多くの美術作品について学ぶ機会になった」と話し「様々な作品の背景と知らなかった話も知ることができて楽しかった」と話した。

今回の展示はポップアートの巨匠ロイ・リキテンスタインをはじめとし、アンディ・ウォーホル、キース・ヘリング、ロバート・インディアナ、ロバート・ラウシェンバーグなどの主要な作品を紹介する、国内最大規模のポップアート展示だ。各国個人の所蔵作品の中から厳選した約160点を披露する企画展だ。

アメリカのポップアート運動の復興をリードした代表作家たちの作品を通して、彼らの人生と同時代の文化を紹介する。

V.Iは現在BIGBANGとして日本でドームツアーコンサートを開催している。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな