BIGBANG、2日間のドーム公演で熱狂のラストダンス…G-DRAGON「愛は変わらない」

写真=YG ENTERTAINMENT

BIGBANGが初めて東京ドーム公演を開催してから5回目となる今年、再び観客と忘れられない思い出を作った。

BIGBANGは6日と7日、東京ドームで11万人の観客を動員し、2日間のコンサート「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」を盛況のうちに終えた。

13日にも開催される公演まで合わせると、BIGBANGは東京ドームだけで全16万5千人余りの観客を動員する予定だ。BIGBANGは現在日本で海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアーコンサートを開催している。

東京ドームはBIGBANGの日本活動の歴史の上で様々な意味を持つ場所だ。2008年3月「Global Warning Tour 2008」でBIGBANGが日本で初めて公演を開催した場所が東京ドームシティ内に位置するのJCBホール(現在のTOKYO DOME CITY HALL)だった。当時3回の公演をすべて完売させ、日本での成長可能性を確認したBIGBANGは2009年、日本でメジャーデビュー以降はアリーナツアーなどで成長していった。

BIGBANGは、初公演から約4年が過ぎた2012年、日本の歌手からも夢の舞台と呼ばれている東京ドームのステージに初めて上がることになった。それ以降毎年休まず5年間東京ドームの会場をいっぱいにしたBIGBANGは、日本の観客にも特別な存在として残るようになった。

今回のコンサートのために、BIGBANGは超大型サイズのLEDを動員し、感覚的なステージを披露した。

華やかな映像のオープニングに続き、「HANDS UP」と「SOBER」「WE LIKE 2 PARTY」と強烈なステージを披露したBIGBANGは、それ以降も「無題」「Wake me up」「あ・ぜ・ちょ!」「アイなんていらない(COME TO MY)」などG-DRAGON、SOL、D-LITE、V.Iそれぞれの個性が引き立つステージで観客を虜にした。グループでもソロでも強力なエネルギーを披露するBIGBANGの魅力が一層発揮された今回の公演は、観客に濃い余韻を残して終了した。

G-DRAGONは「別れるとは思わずに再会の日を期待して一日一日を過ごせば、その日はすぐに来ると思います。皆さんが愛してくださったように僕たちの愛も変わらないので、お互い笑いながら最後までラストダンスを踊りましょう」と話した。

BIGBANGは続けて13日に東京ドーム、21日から24日まで京セラドーム大阪までツアーを続け、全69万6千人余りの観客を動員する予定だ。続いて30日と31日にはソウル高尺(コチョク)スカイドームで公演を開催する。

BIGBANG、T.O.P不在のコンサートに葛藤「ファンたちが残念がる」

BIGBANG、日本ドームツアーが福岡で幕開け!ファンに挨拶「悲しまないで…」

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな