シン・ハギュンが語る #7号室 #EXO ディオ #デビュー20周年 #新しい挑戦

写真=ロッテエンターテインメント

俳優シン・ハギュンが明かした映画選択の基準だ。彼は超大型ブロックバスター映画が人気を得ている中、限定された空間で繰り広げられる現実的なストーリーを込めた映画「7号室」に参加した。

「7号室」はソウルの潰れかけているDVD屋“7号室”に、それぞれの命がかかった秘密を隠すようになった店長と青年、複雑に絡んでいく状況から逃げ出すために奮闘する2人の男の熱血生存劇を描く映画だ。

シン・ハギュンは劇中、潰れかけているDVD屋オーナードゥシク役を演じる。ドゥシクは社会制度に阻まれ、どうすることもできない残念な人物だが、彼の周りには漫画のような設定が溢れ相反する面白さを提供する。

「多様な世代が共感することのできるストーリーな上、映画としての面白さを逃さないシナリオだったため選択しました。私の演じるドゥシクとテジョン(EXO ディオ)は、先の見えない各世代の現実を見せてくれると思います」

シン・ハギョンは崖っぷちに追い込まれながら、神経質になったドゥシク役を完璧に演じた。映画の中でドゥシクはDVD屋の売買契約を控え“事件”が巻き起こり危機を迎え、これを隠そうと忙しく駆けまわる。やや三枚目な姿が笑いを誘いながらも、瀬戸際に立たされる彼のカッコ悪く切ない表情はやるせない。

「コメディが前提となった作品の中で、オーバーにならず現実的に演技しなければいけませんでした。トーン調節にとても神経を使いました。だから切実な人間から出てくる面白い姿も出そうと努力しました。ドゥシクは正直でも悪くもない人物です。規定されたシステムの中で生きるために、もがいている人物です。現実的なキャラクターなので共感できました」

シン・ハギュンは「7号室」を通して、アクションも披露した。飛んだり跳ねたりするアクションは勿論、相手役のEXO ディオとの激しい取っ組み合いの喧嘩もした。事前に約束されたカッコいいアクションシーンではなく、手に取るままに投げ倒す“ルール無用な喧嘩”なので面白かった。

「お互い約束したアクションだったら、怪我の危険やエネルギー消費が少ないです。でも、今回は簡単な動きだけ決めた後、ディオと取っ組み合いの喧嘩をしました。周りにある小道具を使って欲しいと言われたのですが、演技に集中していると何を投げるかわからないので危険でした。幸い私が持ったのは、軽い繊維脱臭剤と空の浄水器の水入れでした。ハハハ」

シン・ハギュンは1998年に映画「すごい男たち」でデビューした後、メロ、コメディー、ノワール、スリラーなど、多様なジャンルの作品に限界なき演技力を見せてきた。特に凡宇宙的コミカル拉致映画「地球を守れ!」(2003)では、宇宙人の陰謀を突き止めようとするビョング役を演技した後、大衆性よりは多様性に集中するような作品を主に選んで来た。

「大きな映画も勿論必要ですが、多様な映画も最高だと思います。観客たちが選ぶことのできる幅が、広がって欲しいです。個人的には、新しい面白さを見つけることのできるストーリーに関心が生じたりもしています」

シン・ハギュンは“ハギュン神”という修飾語まで持った俳優だが、その話が出ると「恥ずかしい」と大きな声で笑った。デビュー20年にも関わらず、新たな姿を見せることができたと話し、普通の新人俳優のような情熱的な眼差しを見せてくれた。

「苗字がシン氏だからか、そんな名前になったんだと思います。まだ僕が演技した作品を見るのは恥ずかしいです。見る度に逃した部分が見えるからです。限界が来たとは思いません。演じた事のない役が多いので、新しいものに挑戦したいです。僕が共感できるストーリーな上に新しい作品なら、是非挑戦してみたいです」

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 浅野わかな