IU、2017ツアーコンサートで4万人の観客と呼吸「私のパレットが一色増えた気が…」

写真=FAVEエンターテインメント

歌手IUの「2017ツアーコンサート-Palette」が10日、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館公演を最後に幕を下ろした。

11月3日、釜山公演を皮切りに光州、清州、ソウルなど国内4都市と香港などで6回に渡って開催されたIUの今回のツアーコンサートは約4万人の観客を動員し、“公演クイーン”IUの興行の歴史を新しく塗り替えた。地域ごとに完売を記録し、観客オーダーメイド型のステージ構成と繊細な演出力で好評を得た。

ツアーの終着地であるソウル公演は約1万2000席という最も大規模で開催された。IUは特に10日の最終公演を通して、5時間観客と共に時間を過ごした。観客たちは熱い声援にアンコールを2度も送った。

4thフルアルバムに収録された「この今」でオープニングを飾ったIUは「Red Queen」「赤い靴」などを通してミュージカルを連想させる華麗なパフォーマンスを披露した。多彩に輝くIUの公式ペンライトの光が公演会場内をいっぱいにし、熱気が高まった。

「ソウル、会えて嬉しいよ」という挨拶をしたIUは「君と私 (YOU & I) 」「レオン」「一日の終わり」「嫌な日」「膝」などを続けて歌い、感動を届けた。

華やかなゲストも話題を集めた。DEAN、ジコ、EPIK HIGHなど、今までIUと共にコラボレーションしてきたアーティストたちがゲストとして招待された。ソウル公演にはBIGBANGのG-DRAGON、歌手PSYがそれぞれ出演した。

特に今回の公演ではIUと長い時間を共にしてきた「IUバンド」との呼吸が目立った。IUはバンドサウンドに再解釈された「昨夜の話」「二十三」「ねえ」を熱唱し、客席の間を駆け回った。毎年12月になるとチャートにサプライズでランクインするというクリスマス曲「Merry Christmas In Advance」も聞かせてくれた。

IUが「Friday」「良い日」などを歌うと、観客たちも口を揃えて歌を一緒に歌うなど、完璧な呼吸を見せた。アンコール曲としては「夜の手紙」「名前に」を聞かせてくれた。

ツアーを終えてIUは「今回の『ツアーコンサート』はスタッフたちと本当にたくさんの意見を交わし、今までの公演の中でも一番楽しく準備した」と話し、「いろいろな面で満足な公演」だと自評した。続いて、「皆さんのおかげで私のパレットが一色増えた気がする。新しく増えた色で良い絵をたくさん描きたい。これからも私が歌う歌に今日の気分がたくさん溶け込むと思う。幸せだったし、感謝している」と頭を垂れた。

「2017ツアーコンサート-Palette」を成功的に終えたIUは今後、tvN新水木ドラマ「私のおじさん」(脚本 パク・へヨン、演出:キム・ウォンソク)の撮影に突入する。

 記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 浅野わかな

Tagged