ジス、先輩俳優パク・チュンフンの言葉に感激「帰宅しながらメモを取った」

「現場もパク・チュンフン先輩もすごく温かいです」

本日(11日)午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)洞コンラッドホテルで開催された、OCNドラマ「バッドガイズ-悪い奴ら-2」(原題「悪いやつら:悪の都市」)の制作発表会で、俳優のジスが撮影現場の雰囲気について打ち明けた。

ジスは「現場がこんなに温かくていいんだろうか」と話し「パク・チュンフン先輩は『自分になぜここまで良くしてくれるのか』と感じるほど、家族のように楽に接しようとしてくださった」と話した。

ジスは「パク・チュンフン先輩は話す時、話題も自分に合わせて話そうとしてくださる」とし、彼の言葉を家に帰りながらメモしたこともあると告白した。

ジスがメモした言葉は「僕たちは成功する方法を知っている。どうすればよいのか? 誠実でなければならない」という内容だ。ジスは「実際、皆分かっていながらも忘れている部分だ」と話し、メモした理由を付け加えた。

ジスは、復讐心だけが残るハン・ガンジュ役を演じる。ハン・ガンジュは、他人の刑を代わりに受けながら生き、巨額のお金を得る“刑代わり”をする人物である。「バッドガイズ-悪い奴ら-2」は全16部作で16日午後10時20分、韓国で初めて放送される。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン