Wanna One「Premier Fan-Con」ソウル公演を成功的に終了…“WANNABLEへ向けた贈り物”

写真=YMCエンターテインメント

Wanna Oneのファンコンサート「Wanna One Premier Fan-Con」ソウル公演が成功的に終了した。

15日~17日、オリンピック公園SKハンドボール競技場で開催された「Wanna One Premier Fan-Con」は全4回に渡り、公演会場をいっぱいに埋め尽くした約3万人の観客たちの熱気の中で締めくくられた。

今回のファンコンサートはファンミーティングとしては異例の360度のステージで、観客たちがWanna Oneのステージを開けた視野でより近くで楽しめるようにした。客席の真ん中に設置されたステージ上の大きなプレゼントの箱から登場したWanna Oneは「Energetic」「Burn it up」「Beautiful」など、デビューアルバムとPrequelリパッケージアルバムの収録曲とヒット曲はもちろんのこと、クリスマスを控えサプライズなキャロルまで披露し、多彩なステージを飾った。

今までたくさん愛されてきたWanna Oneがファンに応えようと準備した今回のファンコンサートでは、Wanna Oneのメンバーたちの異色的な姿が収められたVCRを通して、観客に楽しさを届け、ファンと贈り物のような一日を送ろうとする仕掛けが目立った。特にセイブ・ザ・チルドレンと共に行ったJUMPER DAYのキャンペーンイベントを行うなど、受けた愛にお返しするという意味が込められていた。

また、各回ごとに違うトーク内容と共にファンとの様々なゲームと応援で熱気を高潮させた。各回ごとに公演のラストには、メンバー別にWanna OneのメンバーたちがWANNABLE(Wanna Oneのファンクラブ名)に直接書いた手紙を読み感動を抱かせるなど、2時間40分にわたる贈り物のような時間を共に過ごした。

「Wanna One Premier Fan-Con」は23~24日に釜山BEXCOでも開催される予定だ。

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな