FTISLAND&CNBLUE&AOAら「2017 FNC KINGDOM」成功裏に終了!華やかな公演に約2万人のファン熱狂

写真=FNCエンターテインメント

FNCエンターテインメント(以下FNC)が、日本で開催したファミリーコンサートを成功裏に締めくくった。

FNC所属アーティストたちは16~17日、千葉・幕張メッセでファミリーコンサート「2017 FNC KINGDOM IN JAPAN – MIDNIGHT CIRCUS(以下FNC KINGDOM)」を開催した。

今年で5回目を迎えた今回のコンサートには、約2万人のファンが集まった。FTISLAND、CNBLUE、AOAをはじめとし、N.Flying、SF9、HONEYSTなど所属アーティストたちが総出動し、ロックとダンス、ヒップホップなど多彩なジャンルを披露し、華やかなコンサートを繰り広げた。

特にFNCの先輩後輩アーティスト間の特別合同ステージは、豊富な見どころ満載だった。2日間繰り広げられた公演のオープニングとして、FTISLANDのチェ・ミンファン、CNBLUEのカン・ミンヒョク、N.Flyingのキム・ジェヒョン、HONEYSTのオ・スンソクなどFNC4名のドラマーが華やかなパフォーマンスを繰り広げ、スタートを告げた。

FTISLANDとCNBLUEのボーカルであるイ・ホンギとジョン・ヨンファは、デュエットを結成して観客を熱狂させた。彼らは、一緒に出演したドラマ「美男<イケメン>ですね」のOST(劇中歌)である「Promise」「相変わらず」を歌い、韓流ファンは思い出に浸った。

FNCのラップラインである、AOAのジミンとN.Flyingのイ・スンヒョプ、SF9のジュホはジミンの「T4SA」とマーク・ロンソンの「Uptown Funk(Feat. ブルーノ・マーズ)」のステージで、公演会場を熱く盛り上げた。AOAのユナとSF9のインソンは、チャーリー・プースの「We don’t talk anymore」を熱唱し、感性の濃いステージを飾った。

ポジションを行き来する愉快なステージも続いた。FTISLANDのドラマーチェ・ミンファン、N.Flyingのドラマーキム・ジェヒョンとボーカルのユ・フェスン、SF9 ダウォンとフィヨンは、嵐の「Love so sweet」を歌い、楽しいダンスタイムの時間を持った。

公演の終わりには、全てのアーティストが“サーカス”をテーマにしたランウェイパフォーマンスを繰り広げた。6グループのはっきりとした色と、FNCファミリーとしてのハーモニーを同時に表わした熱のこもった公演に、観客たちは熱狂的な歓声で応えた。

今年で5回目を迎えたFNCファミリーコンサート「FNC KINGDOM」は今まで東京と大阪、ソウル、香港で開催され、たくさんの注目を集めている。

 記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな