山田涼介&西田敏行主演「ナミヤ雑貨店の奇蹟」韓国公開日が1月31日に決定&予告編を公開(動画あり)

写真=映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」予告編映像キャプチャー画面

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が韓国で2018年1月31日に公開を確定した知らせと共に、予告映像を公開した。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、秘密を持ったナミヤ雑貨店に隠れる3人組の泥棒が、32年前の過去から届いた手紙に返信を送りながら繰り広げられる、奇跡のような出来事を描いた。最近10年間で韓国国内販売1位のベストセラーが原作の感性ドラマだ。

全世界1,000万部の販売売上を記録した、魅力的なストーリーをベースにした映画であるだけに、韓国公開確定前から映画ファンの関心を集めている話題作だ。

公開された予告編は、想像の中にだけ存在していたナミヤ雑貨店が登場し、一瞬で視線を虜にする。過去と現在をつなぐ空間であり、特別な秘密を持っているナミヤ雑貨店は、予告編の中で3度違う姿で登場する。

最初はアニメーションで描かれたナミヤ雑貨店の姿だ。新海誠監督の「君の名は」の制作会社「コミックス・ウェーブ・フィルム」が特別に制作したこのアニメーションの中の雑貨店の姿は、誰でも悩みを打ち明けることができるような温かい姿で描かれた。

二番目は慌ただしく活気あふれていた、過去のナミヤ雑貨店の姿だ。そこは雑貨店を想像させるアイスクリーム専用の冷凍庫から、近所の子供たちの悩みを一緒に分かち合った掲示板まで細かく再現されており、心をときめかせる。またその前に立っている“浪矢”おじいさん(西田敏行)と、周りを行き交う近所の人々の姿が、懐かしい雑貨店の姿を完成させた。

最後に32年後、2012年のナミヤ雑貨店が長い歳月を経て、古い姿で登場する。しかしこの空間は、ここに偶然隠れこんだ3人の泥棒“敦也”(Hey! Say! JUMP 山田涼介)、“翔太”(村上虹郎)、“幸平”(寛一郎)が1980年の過去から到着した手紙を受け取ってから、だんだん神秘的な空間へと変わっていった。

多彩なナミヤ雑貨店の姿で好奇心を刺激するこの予告編でも、もう一つ集中すべき部分は面白い推理だ。雑貨店に集まった彼らと、手紙を送る過去の人々の間で特別な縁を作っていく過程から来る面白さは、映画をより特別な作品にしている。またその推理の果ての温かい真心と感動は、期待感をより高潮させる。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は韓国で2018年1月31日に公開される。

 記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな