防弾少年団、アメリカの有名新年ショーで「DNA」「MIC Drop」を披露…“グローバルな人気を証明”

写真= Dick Clark Production(DCP)

防弾少年団が先月31日(現地時間)、アメリカABCの有名な新年を迎えるショー「ディック・クラークス ニューイヤーズ・ロッキン・イブ(DICK CLARK’S NEW YEAR’S ROCKIN EVE)」に出演した。

防弾少年団はこの放送で「DNA」と「MIC Drop」を披露した。これは、昨年11月「アメリカンミュージックアワード(AMAs)」に招待され、アメリカLAを訪問した時に収録したものだ。

彼らは「ニューイヤーズ・ロッキン・イブ」でケリー・クラークソン(KELLY CLARKSON)、カリード(KHALID)、ショーン・メンデス(SHAWN MENDES)、チャーリ・プース(CHARLIE PUTH)、ゼッド(ZEDD)等の様々な有名歌手らと肩を並べた。

「ニューイヤーズ・ロッキン・イブ」は、毎年新年が明ける前にアメリカ全域はもちろん、全世界で視聴されるショーだ。2012年に、歌手PSYがMBC「無限に挑戦」を通じてユ・ジェソク、ノ・ホンチョルと共にタイムズスクエアで「江南スタイル」を歌い、世間の注目を集めた。

 記者 : キム・ハジン、翻訳: 浅野わかな