元Wonder Girls ソンミ、新曲「主人公」で18日にカムバック!TEDDYとの共同作詞にも注目

写真=MAKE USエンターテインメント

元Wonder Girls ソンミが18日に新曲「主人公」を発売する。

ソンミは本日(2日)午前、公式SNSを通じてカムバックを知らせ予告写真を公開した。

公開された予告写真を通じて、新曲のタイトルである「主人公(Heroine)」をはじめとして、発売日時・プロデューサーなどの主要情報が公開された。また、黒の背景に色とりどりの花が氷の中で凍っているイメージが目を引いた。2017年にたくさん愛された「Gashina」が、主要コンセプトをバラの花で表現していたこともあり、氷花のイメージは新曲「主人公」に対する興味をそそらせる。

ソンミの「主人公」は「Gashina」を制作したTHE BLACK LABELがプロデューシングを引き受け、TEDDYとソンミが共に作詞を引き受けた。作曲は、TEDDYと新鋭プロデューサーの24が引き受けた。

ソンミの所属事務所であるMAKE USエンターテインメントは「アーティストとしてソンミの音楽に対する情熱を後押しできるよう、最善を尽くして準備中だ。2018年をスタートさせるシングルタイトル『主人公』にも、ソンミの独歩的な魅力がいっぱい込められる予定だ」と明らかにした。

ソンミは、2013年にソロアルバム「24 hours」を発表して、独特の雰囲気とパフォーマンスを披露した。2014年には1stミニアルバム「Full Moon」を発表して、タイトル曲「Full Moon」でソロ歌手としての位置づけを固めた。2017年8月に発売した「Gashina」は発売以後、韓国の主要音源チャートで1位を席巻し、SBS「人気歌謡」で3回連続1位を達成するなど、音楽番組で5冠王に上がった。「Gashina」のミュージックビデオも、公開から一日で再生回数が100万回を突破して人気を立証した。

ソンミは18日午後6時「主人公」を発表して、ヒットを継続する予定だ。

 記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 浅野わかな