Highlight ユン・ドゥジュン&キム・ソヒョン、キス寸前!?…ドラマ「ラジオロマンス」スチールカット公開

写真=UrbanWorks、プラシースメディア

KBS 2TV「ラジオロマンス」がすでにときめくカップルHighlight ユン・ドゥジュン&キム・ソヒョンのスチールカットを公開し、「互いに多くを学びながら撮影している」という感想も共に伝えた。

「ラジオロマンス」は先月31日、「KBS演技大賞」で公開されたロマンチックなキスが収められた予告映像で視聴者たちの目を引いた。

3日に公開されたスチール写真では、それぞれトップスターのチ・スホ(ユン・ドゥジュン)と、どこまでも前向きなラジオ作家ソン・グリム(キム・ソヒョン)に変身し、ラジオブース内で恋に落ちた二人のロマンチックな瞬間が収められている。「周波数を合わせれば本当に愛に出会えるのだろうか?」というキャッチコピーのように、DJになったトップスター チ・スホが首にかけていたヘッドフォンを愛らしいラジオ作家ソン・グリムにかけた後、キスをする瞬間が捉えられたスチールカットは、2018年新年初の胸キュンロマンスを描く2人のケミ(ケミストリー、相手との相性)を予告している。

カップル演技では初めての共演であったにも関わらず、恋に落ちる瞬間を愛らしく演じきった2人。ユン・ドゥジュンはキム・ソヒョンに対して「僕より歳は若いが、しっかりした演技の経験と内面を持っている女優だ」と絶賛し「そばで多くを見て学びながら撮影している」と明らかにした。キム・ソヒョンもやはり「ユン・ドゥジュンさんが以前『キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~』に特別出演してくださってお会いしたことがあったが、このように作品を共にすることになってなんだが不思議だ」として「予告撮影をしながら初めて息を合わせたが、すごく配慮をして下さった。私は本当に幸運なようだ」として満面の笑みを見せ、今後2人が描いていくロマンチックなカップルを期待させた。

「ラジオロマンス」は台本無しでは何もできないトップ俳優チ・スホ(ユン・ドゥジュン)と、彼をDJとしてキャスティングした、物書き以外は何でも上手にできるラジオサブ脚本家ソン・グリム(キム・ソヒョン)が、決して台本通りに進行できないラジオブースで繰り広げる感性ロマンスを描いたドラマだ。韓国で「ジャグラス」の後番組として29日午後10時に初放送される。

【PHOTO】Highlight ユン・ドゥジュン&キム・ソヒョン「2017 KBS演技大賞」レッドカーペットに登場

Highlight ユン・ドゥジュン&キム・ソヒョン主演ドラマ「ラジオロマンス」初の台本読み合わせ現場を公開

 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな