防弾少年団 RM、J-HOPEを絶賛「ミックステープを聴いた…いまや本当に作品を作る人になった」

写真=NAVERのライブ映像配信アプリ「V」放送画面キャプチャー

防弾少年団のRMがJ-HOPEのミックステープを絶賛した。

RMは3日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE+」を通じてファンたちと疎通した。彼は「J-HOPEのミックステープのうち、いくつかのトラックを聴いてみた」と口を開き、彼の作業を褒め称えた。

RMは「本当に良かった。『いまや本当に作品を作る人になったんだな』と思った」として、「本人の色を着た」と絶賛した。

彼はJ-HOPEの第一印象を話し「ダンスで音楽を始めたメンバーなので自信がないところがあった。ところが今回のミックステープを聴いて『もう本当に完成された』と思った」と付け加えた。

最後に「J-HOPEは2017年を自身のミックステープに捧げた。3年前に僕が作った歌より良い。はやく別のものも聴いてみたい」と話した。

 記者 : キム・ヘインインターン、翻訳 : 浅野わかな