「お膳立てする男」オン・ジュワン、スヨンとの愛を守り抜くため奮闘“すべて僕に任せて”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=MBC「お膳立てする男」放送画面キャプチャー

MBC週末ドラマ「お膳立てする男」のオン・ジュワンの哀切なラブストーリーが視聴者を感動させた。

7日に韓国で放送された「お膳立てする男」でテヤン(オン・ジュワン)はルリ(スヨン)との愛を守り抜くために寂しい闘いを開始した。

自身の息子に会うという理由で父が見ている前でケビン(イ・ジェリョン)に侮辱されなければならなかったルリは、結局耐えられずに別れを選んだ。しかしテヤンは諦めず彼女の心を引き留めようと努力したのは勿論のこと、愛する両親に声をあげ、誤解を解くために無鉄砲にシンモ(キム・ガプス)を訪ねて行き説得するなど交際を認めてもらうために最善を尽くした。

特にテヤンは自身の真心こもった説得にも離れようとするルリを抱きしめ「悪かった。君は別れようとばかり言わずにただ待っていてくれ。残りはすべて僕に任せて」と自分が解決すると説得し、視聴者の心を熱くさせた。とめどなく涙を流すルリを抱きしめたテヤンの懇切な眼差しからは切ない心情が伝わり、感動を加えた。

 記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな