「疑問のイルスン」ユン・ギュンサン、チェ・ウォニョンの提案をチョン・ヘソンに報告

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=SBS「疑問のイルスン」放送画面キャプチャー

SBS月火ドラマ「疑問のイルスン」(脚本:イ・ヒョンジュ、演出:シン:ギョンス)で、ユン・ギュンサンがチョン・ヘソンに、チェ・ウォニョンが取引を提案してきたと話した。

昨日(9日)韓国で放送された「疑問のイルスン」では、チン・ジニョン(チョン・ヘソン)がキム・ジョンサム(ユン・ギュンサン)の家を訪れ、2007年に発生したオ・ドンボク家の殺人事件ファイルを渡した。

ジニョンは「いきなりまた調べる理由は何? チャン・ピルソン(チェ・ウォニョン)が何だって? 早く言って。秘密は無しにしよう」と話し、話を濁すジョンサムを催促した。

ジョンサムは「オ・ドンボク家で亡くなったチュ検事とホン・マダムは、刺されて死んだ訳じゃないらしい」と話し、ジニョンは「死因は何なの?」と聞いた。

するとジョンサムは「解剖記録が別にあるらしい。チャン・ピルソンが証拠をなくせば渡すって。心配するな。僕たちは実際に取引した訳じゃない。他の方法を考えてみよう」と話した。

 記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな