DREAMCATCHER、デビュー1周年記念のファンミーティングを成功裏に終了“ファンとの特別な誕生日”

写真=HappyFaceエンターテインメント

DREAMCATCHERがファンと特別な誕生日を過ごした。

DREAMCATCHERは13日午後、ソウル西江(ソガン)大学メリーホールの大劇場でデビュー1周年記念のファンミーティングを開催し、約2時間ファンと楽しい時間を過ごした。

この日のファンミーティングでは、DREAMCATCHERのデビューシングルから1stミニアルバムのタイトル曲のステージ、ファンのためのバラードまでライブで楽しむことができた。それだけでなくDREAMCATCHERは、ファンと共にする各種ミニゲームを行い、笑いと感動を同時に届けた。

DREAMCATCHERはこの日、ファンが直接書いた手紙をメンバーが読むイベントで、手紙を書いたファンをステージに呼び、感謝の気持ちを伝えた。またDREAMCATCHERは、過去1年を振り返る時間を持った。

特にDREAMCATCHERのファンミーティングで最も視線を引いたのは12日に発売したスペシャルシングル「Full Moon」のステージだった。特有の強烈なロックメタルサウンドとファンに向けた恋しさを込めた歌詞、そしてそれを形状化した振り付けまで、DREAMCATCHERのパフォーマンスはファンの感嘆を誘った。すべてが終わった後にもDREAMCATCHERは「Full Moon」のステージをもう一度行い、別れの残念な気持ちを慰めた。

ファンミーティングを終えたDREAMCATCHERは、「寒い時に貴重な時間を割いてくださったファンの皆さんに心から感謝したい。皆さんがいたからこそより力をもらって活動することができた。良い曲で一日も早く皆さんの元に戻って来ることができるように最善を尽くす」と感想を伝えた。

ファンミーティングを終えたDREAMCATCHERは、海外でツアーを行う。

記者 : ユン・ジュンピル、翻訳 : 浅野わかな