2PM ウヨンが語る#アルバム「別れる時」 #日本活動 #10年目の2PM

写真=JYPエンターテインメント


「久しぶりに僕の音楽をお聞かせできるということ自体、僕にとってはとても大きな事です。プレッシャーもあるけど、気分がとてもよいです。この嬉しい気持ちをずっと感じていようと思っています」

2ndミニアルバム「別れる時」を発売し、“自分の音楽”だと話すウヨンの表情には満足さとときめきがよぎった。一理ある自信感だった。ウヨンは「別れる時」に収録されたすべての曲の作詞、作曲に参加した。全7曲の内、完全に彼が作詞した曲だけでも5曲だ。昨年日本で発売したミニアルバムでオリコンチャートのトップに立ち、ソロツアーを11回も行ったウヨンの力量が多彩なジャンルの中で輝く。彼に訪れたという思春期にも様々な試練にも、結局堂々とやり遂げたシンガーソングライターウヨンに出会った。

――――タイトル曲「ぴたり」はどのように作られましたか?

ウヨン:元々別れた後に、一人で泣くという内容でした。でも(パク)ジニョンさんが聞くポイントを指摘してくれながら、歌詞を修正してみるように言われたので今のバージョンにアップデートされました。新しい恋が生まれて別れようとする女性を見ている男性が嘘の涙はたくさんだと、自分も泣きたいのに、その偽の涙のせいで泣けないという内容です。

――「別れる時」は2012年に発売された1stミニアルバム「23, Male, Single」とは雰囲気が格別に違います。今までどんな変化がありましたか?

ウヨン:ジニョンさんが言ってくれた言葉があります。自分がしたい事をするのは可能だけれど、それが果たして誰かのためのものなのか、考えてみる必要があると。僕も自分がダンスをしたくて踊ったからと言って、人々が皆楽しんでくれる訳じゃないということを、人々から愛される音楽を作りたいという自分に気づきました。だからパフォーマンス優先の音楽からたくさんの変化が生じたと思います。

――タイトル曲「ぴたり」でパフォーマンスはされていないのですか?

ウヨン:僕が作った振り付けがありますが、いたずらする動作なのでパフォーマンスというには不足です。ステージの上ではギタリストと僕だけ上がって、シンプルにパフォーマンスなしで歌をお見せする予定です。

――5番トラック「みんな」につけられたサブタイトル“芸能人の思春期”という単語が興味深いです。

ウヨン:今まで“ウヨン”という名で芸能人として30近くまで来ましたが、5年前に思春期が訪れました。芸能人という仕事をしながらとても混乱した感情とそれ以降の考えをこめた曲です。

――どんな事に混乱していましたか?

ウヨン:僕は音楽が好きでオーディションに飛び込み、2PMとして活動するようになりました。スタートはとても簡単な理由でしたが、幼い年齢で同年代の人たちが得られない富を得て、大きな公演会場で公演しているということ自体がある瞬間から不自然に感じました。贅沢な悩みだと思うかもしれないけれど、理由を見つけたかったんです。疲れた感情が積み重なったせいかもしれません。

――芸能人の思春期に打ち勝ちましたか?

ウヨン:思春期に打ち勝てたのは、やはり2PMのおかげでした。実際すべて放棄したかったけど、この5人は裏切ることはできないと思いました。今もそうです。メンバーたちが事情ができてグループを離れても、僕が最後まで残ると思います。今生きている理由も、ソロとして活動したい理由も2PMのためです。

――日本で活発にソロとして活動されていましたが、韓国国内では空白の期間が多少長かったですね。何か理由がありますか?

ウヨン:日本では僕の名前で活動することのできるよい機会や企画がたくさんありました。逃したくなくて一つずつやっていく内に日本活動が長くなったのだと思います。また韓国では出来るなら2PMとして集まっていたかったんです。「何であっても2PMのために活動しよう」という考えが大きかったです。

――2PMに対する愛情が強いのが伺えます。最近でもメンバーとはよく会いますか?

ウヨン:最近はみんな忙しいけど、お互い最大限顔を合わせようとする方だと思います。丁度アルバム発売日がJun. Kさんの誕生日だったので、Jun. Kさん、ニックンさん、チャンソンと会いました。Jun. Kさんが自分の誕生日記念に発売するアルバムなのかと喜んでくれました(笑)。ジュノは釜山でずっとドラマの撮影中なのに加えて、日本に行ってしまったので会えませんでした。ジュノとは少し前に済州島の広報大使委嘱式の時に会いました。メンバーたちにはいつも会いたいです(笑)。

――最近MBC「不埒な同居」に出演して、正直な姿で話題になりましたが、またバラエティ番組に出演はされたいですか?

ウヨン:あまりTVを見ない方なので、世の中がどのように回っているのか、最近はどんなバラエティがあるのかよくわかりません(笑)。ただ体当たりして走り回るバラエティよりは、人々とトークする形式が自分にはよく合っていて、もっと上手くできると思います。「キム・スンウの乗勝長駆(スンスンチャング)」みたいな番組が面白そうですね。

――2月9日から11日までは韓国で初のソロコンサートを開催しますが、どんな雰囲気のコンサートになりますか?

ウヨン:このコンサートは「別れる時」の雰囲気とは全く違う雰囲気になると思います。本当に僕がやりたかったもの、“チョン・ウヨン”らしいものを思いきり繰り広げて、駆け回ると思います。ジニョンさんがびっくりすると思います(笑)。

――今年2PMとしてデビューしてからぴったり10年になりますね。どんな思いですか?

ウヨン:メンバーたちも僕も時間を意識しない方だけど、神話(SHINHWA)先輩たちを見ると新たに考えさせられます。ヘソンさんは少し前にプライベートでも会って、ミヌさんはJun. Kさんのファンミーティングにも来られて、僕たちと会う度に抱きしめてくれて、お互いのチ―ムについてたくさん対話します。そんな神話先輩たちを見ながら「一緒に頑張りたい」という考えしか浮かびません。2PMとして過ごし、10年間、よい事も傷つく事もたくさんありました。メンバー同士で言葉一言で気を悪くしたり。でも神話先輩たちはそんな出来事をどれだけ経験してきたかと思いながら、淡々と先輩たちの道を追っていきたいという思いが強いです。

記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな