「ロボットじゃない」ユ・スンホ、チェ・スビンに“僕の人生から消えてくれ”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=MBC「ロボットじゃない」放送画面キャプチャー

MBCドラマ「ロボットじゃない」でユ・スンホがチェ・スビンに「一緒にいた瞬間を消してしまいたい」と叫んだ。

17日、韓国で放送された「ロボットじゃない」では、チョ・ジア(チェ・スビン)がキム・ミンギュ(ユ・スンホ)の元へ訪れた。

しかしミンギュは、これまで自分が彼女を探し回ったことを話し「僕がもう一度君を見つけに行かなかったら、君は最後まで知らないふりをして隠れていただろ。でもどうしてまたここに来るんだ」と問い詰めた。そして「本当に本気だった時が一秒でもあったのか」と問い詰めた。

ミンギュは「今になって君が人だということを証明しようとしているのか。憎たらしくて呆れる」と言い放ち「消えてくれ」と言った。

ジアがその場を離れずにいると、ミンギュは再び「君と一緒にいた全ての時間は、今となってはゾッとするものだ。全部消し去ってしまいたい」と話し「全部消えてしまえばいい。だから僕の人生から永遠に消えてくれ」と叫んだ。

 記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな