「リターン」コ・ヒョンジョン、パク・ギウンの弁護を担当…イ・ジヌクと再会

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=SBS「リターン」放送画面キャプチャー

「リターン」でコ・ヒョンジョンが、ハン・ウンジョンの殺害の容疑で逮捕されたパク・ギウンの弁護を担当した。

18日、韓国で放送されたSBS「リターン」では、チェ・ジャへ(コ・ヒョンジョン)がヨム・ミジョン(ハン・ウンジョン)殺害の容疑で逮捕された、カン・インホ(パク・ギウン)の弁護を担当することになった。

調べていくと全てはクム・ナラ(チョン・ウンチェ)の頼みだった。ナラが普段から知り合いだったジャへの元を訪れ「助けて欲しい」と緊急に助けを要請した。

それでジャへはドッコ・ヨン(イ・ジヌク)を訪れた。不快な気配をを隠せなかったドッコ・ヨンと向き合ったジャヘは「あなたがカン・インホ事件の担当者でしょ」と話し「これからカン・インホさんの弁護を担当することになったチェ・ジャへ弁護士です」と先に挨拶をした。

 記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな