「憎くても愛してる」INFINITE ソンヨル、ソン・オクスクに正体を明かす“僕が代表だ”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=KBS 1TV「憎くても愛してる」放送画面キャプチャー

KBS 1TV「憎くても愛してる」でINFINITEのソンヨルがソン・オクスクに自身の正体を明らかにした。

22日に放送された「憎くても愛してる」の第50話では、ホン・ソクピョ(INFINITE ソンヨル)がキム・ヘンジャ(ソン・オクスク)を訪ねる姿が描かれた。

ヘンジャはソクピョの登場に「今日は約束がある。明日また来て欲しい」と言ったがソクピョは「僕がジーニアスの代表ホン・ソクピョだ」と挨拶をした。

ヘンジャは「あなたがジーニアス代表のホン・ソクピョだって? センターの独身男じゃなくて? 」と当惑した。ソクピョは「ずっと騙そうとは思っていなかった。申し訳ない」と話した。

その後、ヘンジャは「知らない人よりはいいわ。座りなさい」と歓迎した。2人は事業について話を交わした。

ソクピョは「ウンジョ(ピョ・イェジン)には僕が話す。その時まで知らないふりをして欲しい」とお願いした。

 記者 : ヒョン・ジミン、翻訳 : 浅野わかな