“JYP新人”Stray Kids、プレデビューアルバム「Mixtape」発売記念ハイタッチ会を開催…約500名のファンを魅了

写真=JYPエンターテインメント

JYPの新人ボーイズグループ Stray Kidsが、プレデビューアルバム「Mixtape」の発売を記念して初のハイタッチ会を開催し、ファンと出会った。

Stray Kidsは昨日(22日)午後、ソウル江南(カンナム)区三聖洞(サムソンドン)のスターフィールドCOEXモールのライブプラザで「プレデビューアルバム『Mixtape』発売記念ハイタッチ会 with 10JAM」を開催した。

この日、Stray Kidsは正式デビューを控えて発売したアルバム「Mixtape」に関するトークとQ&Aの時間を持ち、ファンとコミュニケーションを取った。それだけでなく、アルバム「Mixtape」のタイトル曲「Hellevator」のパフォーマンスをサプライズで披露し、現場の雰囲気を熱く盛り上げた。

生涯で初めてハイタッチ会を開催したStray Kidsは、ファンと目を合わせ、感謝の挨拶をするなど、歓声を送ってくれたファンに感謝を表した。Genie musicと共に行った今回のイベントには約500名の観客が集まり、盛況を成した。

Stray Kidsは2017年10月、JYPとMnetが披露したリアリティ番組「Stray Kids」を通して選抜されたボーイズグループで、バン・チャン、キム・ウジン、イ・ミンホ、ソ・チャンビン、ファン・ヒョンジン、ハン・ジソン、フェリックス、キム・スンミン、ヤン・ジョンインの9人のメンバーで構成された。

プレデビューアルバム「Mixtape」では、Stray Kidsがリアリティ番組「Stray Kids」の各ミッションで披露した自作曲7トラックが収録された。該当アルバムは9日午後基準、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、フィリピンなど4ヶ国のiTunesアルバムチャートで1位を記録し、10日には日本のタワーレコードのオンラインデイリーセールスチャートでトップを獲得し、話題を集めた。

それだけでなく、Stray Kidsはアメリカのビルボードが選定した「2018年に注目すべきK-POPアーティストTOP5」の1位に選ばれたことに続いて、20日基準でビルボードのワールドアルバムチャートで、正式デビュー前にも関わらず2位にランクインし、今年K-POPで注目すべき最高の新人であることを証明した。

ビルボードは「Stray Kidsは正式デビュー前にも関わらず、昨年10月に発表したデジタルシングル『Hellevator』でビルボード・ワールドデジタルソングのセールスチャートTOP10にランクインする底力を見せた」と紹介し「メンバーの前途有望なラップスタイルとプロデュースの実力が目立つ。沢山のボーイズグループがK-POP市場に宣戦布告をしている中で、Stray Kidsは新人たちの流れを率いる、独歩的なボーイズグループとして成長する」と好評し、目を引いた。

Stray Kidsは16日からNAVERのライブ配信アプリ「V LIVE」、NAVER TV、YouTube、KAKAO TVなど各種映像チャンネルを通して、リアリティ番組「第9区域」を公開し、ファンと出会っている。

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな