2PM ウヨン、意外な酒癖を公開「酔うとテーブルに上がって…」

写真=MBC「ラジオスター」放送画面キャプチャー

2PM ウヨンが自身の酒癖を告白した。

24日、韓国で放送されたMBC「ラジオスター」でウヨンは、「酔うとテンションが上がる。テーブルに上がって何かを見せようとする」と吐露した。

これを聞いた2AM チョグォンはウヨンの練習生時代を思い浮かべた。チョグォンは「パク・ジニョンさんが『外に出て遊べ』というくらい、練習の虫だった」と話し「だから20歳になった時、2人で初めてクラブに行った。僕は自分を忘れるくらいダンスを踊ったけど、ウヨンは一人でスピーカーの溝にいた」と伝えた。

チョグォンは「そうして20代半ばに入ってからよく遊ぶようになった。遅咲きだ」と話し、笑いを誘った。これにウヨンは「テーブルに上がってもすぐ降りた」と釈明した。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな