「憎くても愛してる」INFINITE ソンヨル、イ・ドンハに警告“やめておいた方がいい”

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=KBS 1TV「憎くても愛してる」放送画面キャプチャー

INFINITEのソンヨルがイ・ドンハに「何かしたにしてもやめておいた方がいい」と警告した。

25日に韓国で放送された「憎くても愛してる」で、ビョン・ブシク(イ・ドンハ)が「話がある」としてホン・ソクピョ(INFINITE ソンヨル)の元を訪れた。

ブシクは警察署から出て来たキル・ウンジョ(ピョ・イェジン)について話し、「君が出したのか。どんな方法を使ったんだ」と尋ねた。ソクピョは「解雇されたけど、僕はまだ筆頭株主だ」と答え、「ブシクさんは僕がウンジョさんの彼氏だからじゃなくて、ただ気に障るようだ」と話した。

続いてソクピョは「あなたが気に障る理由は一体何だろう?」「僕はあなたの周りで起こる話にならないことに関心が多い」と力を入れて話した。

これを聞いたブシクがどういう意味だと問い正すと、ソクピョは「もしも他の変な事に関与しているならば、止めろ。これは警告だ」と強調した。

 記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな