“カムバック”Golden Child、脱退したジェソクに言及「応援と激励のメッセージを送った」

写真=Woollimエンターテインメント

Golden Childが29日午後、ソウル龍山(ヨンサン)区漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエア・アイマーケットホールで開催された2ndミニアルバム「奇跡」の発売記念ショーケースで、最近脱退したメンバージェソクと応援と激励をやり取りしたと話した。

Golden Childは昨年11人組グループとしてデビューしたが、最近ジェソクが健康問題と活動に対するプレッシャーにより脱退し、10人組としてチームを再編成した。

これについてリーダーのデヨルは、「ジェソク君の意見を尊重しようと努力した。お互いに応援し、激励を惜しまなかった」と話し、「ジェソク君が脱退したからと言って連絡しない訳ではない。(ジェソクに)健康になって欲しいという激励と(一緒にいてくれて)ありがとうという意味のメッセージを送った」とジェソクに対する愛情を隠さなかった。

またメンバー1人の空席を埋めるためには「10人がそれぞれ10%ずつもっと頑張ろうという意気込みを1日1回ずつして、決意を固めている」と話した。ジャンジュンもやはりメンバー同士で決意を固めているとし、「メンバーが多いので練習室に一度に集まるのも大変だけど、メンバーが一緒に練習室に必ず何時には集まろうという約束を決めた」と話し、「練習が終われば、宿所で5分、短くても3分は集まって今日1日どうだったか話し合う」と付け加えた。

新たに始まるGolden Childの2ndミニアルバム「奇跡」は希望、努力、情熱というキーワードをGolden Childなりの色で解いた。アルバムと同名のイントロ曲をはじめ、スウェディッシュ・ポップダンスのタイトル曲「It’s U」、トレンディー・アーバンスタイルの「LADY」、ロックサウンド基盤のラブソング「Crush」、青春を応援するポップバラード「すべての日」、恋に落ちた少年のストーリーを描いた「I’m Falling」など6曲が収録された。ジャンジュン、TAGが全曲のラップメイキングに参加し、力量を示した。

Golden Childのニューアルバムのタイトル曲「It’s U」は軽快なリズムの構成に、細かく刻まれたシンセサイザーが調和したスウェーデン風のボーイポップダンス曲だ。恋する気持ちを告白する堂々とした自信あふれる歌詞とGolden Childの軽快でハツラツなイメージが良く似合う。29日午後6時に発売された。

“INFINITEの弟分”Golden Child、デビューからわずか4ヶ月でジェソクが脱退…「本人による芸能活動中断の意思」

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな