SEVENTEEN、タイトル曲「THANKS」のMV予告映像を公開…カムバックまであと4日

写真=Pledisエンターテインメント

SEVENTEENが、ニューアルバムのタイトル曲「THANKS」のミュージックビデオの最初の予告映像を公開した。

5日の午後6時に、スペシャルアルバム「DIRECTOR’S CUT」の発売を控えているSEVENTEENは今日、公式SNSおよびYouTubeを通して、タイトル曲「THANKS」のミュージックビデオの最初の予告映像を公開し、ファンの注目を集めている。

公開された映像では、練習室で振付の練習をするシーン、メンバーたちが集まり音楽について会議するシーンなどが映され、アルバム名「DIRECTOR’S CUT」を表現している。

映像が終わる頃には、SEVENTEENが出口に向かって走って行くシーンが続いた。バーノンは、クールな眼差しで後ろを振り返って画面を凝視し、視線を集中させた。SEVENTEENはドアから出るメンバーたちの姿を通して、どこかに旅立つ姿を描き、新しい何かが始まるということを連想させることで、カムバックが近づいていることを暗示している。

最後には「 “thanks” 2018.02.05 6PM」というコメントが登場し、5日のカムバックをもう一度予告することで、韓国国内外のファンの期待感を高めた。

予告映像はビンテージな色合いと共に、洗練された映像美が調和して、ミュージックビデオの本編に対する関心を刺激し、予告映像で流れる新曲「THANKS」のメロディーがSEVENTEENのメンバーたちの自然な姿と調和をなし、映像が持つ雰囲気をより一層深めている。

今回のタイトル曲「THANKS」は、爽やかなギターサウンドを基盤としたフューチャーベースジャンルで“今は僕の側にいないけれど、これまでの時間僕たちと一緒に過ごし、良い思い出を作ってくれた相手にありがとう”という内容を表現しており、いつも応援してくれるファンに対し、心からの感謝の気持ちを込めているとされる。

SEVENTEENはスペシャルアルバム発売を控え、2日~3日の両日ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で2度目の単独ファンミーティング「SEVENTEEN in CARAT LAND」を開催する。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな