SEVENTEEN「2017年はSEVENTEENの年だった、今年も一生懸命に…」

写真=「V LIVE」放送画面キャプチャー

SEVENTEENが5日午後に放送された、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通して2017年を回想し「2017年はSEVENTEENの年だった」と話した。

SEVENTEENは「様々な授賞式に参加したり、たくさんのことをしながら、ぎっしり詰まった1年を送った気がする」と語った。

ミンギュは2,3日に開催された、2回目のファンミーティング「SEVENTEEN in CARAT LAND」を最も印象に残る思い出として選んだ。

ディエイトは、ワールドツアーについて言及し「よい思い出を作ることができた。全世界にいるCARAT(ファンクラブ名)に出会うことができてよかった」と話した。

リーダーのS.COUPSは「全部よかったけど、ディエイトが腰の負傷で活動を休んでいたのが残念だった」と話し「今は健康なのでたくさん活動をしたい」と約束した。

最後にドギョムは「2017年はよく過ごしたと思う」と話し「5日から始まるスペシャルアルバム『DIRECTOR’S CUT』の活動で、もう一度一生懸命駆けていきたい」と決意を固めた。

記者 : チェ・ジョンミンインターン、翻訳 : 浅野わかな