防弾少年団 SUGA、自信満々の発言にメンバー爆笑「バラエティはこうやるんだ」(動画あり)

写真=NAVERのライブ映像配信アプリ「V」放送画面キャプチャー

防弾少年団のSUGAがバラエティに自信を見せた。

6日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」では防弾少年団の「Run BTS!」39番目のエピソードが公開された。

今回のエピソードの主題は「防弾ゴールデンベル」。メンバーたちがチームに分かれて各種ゲームに臨み、1等チームには末っ子ジョングクのデスクトップと32インチモニターが商品として与えられる。

最初のゲームは「YES OR NO」だった。MCの質問に「はい」又は「いいえ」と答えてしまうと脱落する。

もともとMCだったジョングクが質問を出すのに頭を悩ませると、ジンが代わりに乗り出た。ジンはとぼけたMCでメンバーたちを慌てさせた。特にSUGAはジンが突然「ユンギさん(SUGAの本名)」と呼ぶと、「はい」と答えて脱落した。

決まりの悪くなったSUGAは「バラエティはこうやるんだ」と話し、「最初のゲームを僕が生かした」と平気で言いのけ、笑いを誘った。RMは「兄さんのおかげで助かった」とグッドサインをした。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな