「ただ愛する仲」2PM ジュノ“釜山で撮影する間、ワンルームを借りて暮らしていた”

写真=JYPエンターテインメント

“あなたの思う通りに生きなさい”

JTBC「ただ愛する仲」でガンドゥは自身を置いてこの世を去った友達のおばあさんを思い出し、この言葉を覚えていた。ガンドゥにおばあさんは「他人のアドバイスなんて世の中で一番使い道がない。これからあなたの仕事を他人に尋ねたり、他人の目が怖くて苦しんだりしてはいけない」と話した。ガンドゥを演じた2PMのジュノが選んだ「ただ愛する仲」の名シーンだ。その中で「あなたの思う通りに生きなさい」という言葉は、自身にとって最も力になった台詞だという。

現実のジュノはどのように生きているのか。人気グループ2PMのメンバーとして、ソロ歌手として、俳優として韓国国内外を往来し、休む暇もなく10年を駆け抜けてきた。しかしジュノは忙しい日程に疲れるより、もっと頑張りたいという意欲が勝る人物だ。

ジュノの“カッコよさ”は激しさだ。熾烈な時間を経て、今日の彼がいる。JYPエンターテインメント初の再々契約を成就させたグループ2PMのメンバー、ソロでも日本で5年連続コンサートツアーを開催した歌手、5年ぶりに初めて主演を務めたドラマを成功的に終えた俳優。彼は「20代を燃焼させ、確実な成果を出したい」という目標が叶えられたのかよくわからないと言った。今年デビュー10周年。その誰とも比較することの出来ない事をやり遂げ、これからもやり遂げるだろう。本当に、ジュノ思う通りに生きれば良い。

――「ただ愛する仲」放送終了の感想はいかがですか?

ジュノ:まだ(ガンドゥの感情が)少し残っています。日本ツアーの日程のため、他の俳優より撮影が先に終わりました。自分のシーンをすべて撮影し日本ツアーに行って帰って来たら、ドラマが終わっていました。他の俳優やスタッフ達は釜山で打ち上げパーティーをして終えたが、僕はまだ撮影に行かなければならない気分です。だからか作品の余韻が長く残っています。

――昨年KBS 2TV「キム課長」の撮影時、キャラクターに集中するために自ら家に閉じ込もったと聞きましたが、ガンドゥになるためにはどんな過程を経ましたか?

ジュノ:ガンドゥは痛みを持って生きるキャラクターです。自分が出来る限り最善の苦痛を自らに与えようとしました。今回も自らを閉じ込めるしか方法はありませんでした。釜山で撮影する間、ワンルームを借りて暮らしていました。カーテンをすべて閉じて、陽の光も見ないようにしました。撮影して帰ってくると、換気も出来ない部屋で設置したスタンディングサンドバックを叩いて過ごしました。もちろん他の家に迷惑がないように、部屋の床にバブルラップ(気泡緩衝材)を敷きました(笑)

――ガンドゥという人物をどのように表現しようと思いましたか?

ジュノ:最初に考えていたガンドゥは(放送より)躍動的でした。痛みはあるけれど、路地裏生活に慣れた、荒々しい男。そのため自身が主導的に乗り出ることには能動的でありながら、そうでない時にはダラダラしている、起伏の激しいバージョンのガンドゥを設定しました。二番目のバージョンもあります。起伏がなく、常に疲れているキャラクターです。キム・ジノンプロデューサーに聞いてみると、ドラマの雰囲気上後者の方があっていると思いました。そのようにしようと演じていたけれど、僕が余りにも適当な感じがしました。僕は大したことをしていないのにOKサインが出て(笑)プロデューサーの所に行って、自分の悩みについて話しました。「僕が何をしているのかわかりません」と言うと、「心配するな、上手くいってる」という答えが返って来ました。後で編集されたものを見て、プロデューサーが言っていた意味を理解しました。

――話す時に手の動作をたくさんされますが、静かなキャラクターを演じるのは難しかったですか?(笑)

ジュノ:本当に死にそうでした。プロデューサーが台本リーディングの時から、ガンドゥは無表情でなければならないと言っていました。でも無表情の中に様々な表情がなきゃいけないと。そうしながら耐えるように言われました。撮影しながらずっと「これでいいのかな?」「何だろう?」などと考えました。「キム課長」の時は悪役な上に、躍動的な人物だったので演じるのが楽でした。僕の思い通りに身振り手振り使うのが許されました。その反面ガンドゥは、言葉の発音も強弱のないように節制しなければなりませんでした。撮影する間中、プロデューサーの耐えるようにという言葉を思い浮かべながら自分の体に鍵をかけました(笑)

――初めて挑戦する恋愛の演技はどうでしたか?

ジュノ:僕がこれまで出演してきた作品の中で、ラブシーンが一番たくさんありました。思ったより照れやすい性格ですが、演じながら慣れました。不思議でした。釜山での5ヶ月はガンドゥとして生きました。ロマンチックなシーンも気楽に撮影できました。

――相手役のムンスを演じた、ウォン・ジナさんとの息は合いましたか?

ジュノ:よかったです。とても明るいエネルギーを持った女優さんな上に、新人ということで情熱もありました。彼女も「ただ愛する仲」が初主演作なのでより頑張ろうという気持ちを持っていました。その熱意がとてもよかったです。全体的に撮影現場の雰囲気がよかったです。プロデューサーもスタッフも皆良い方でした。俳優は皆そういう風に話しますが(笑)特に僕たちのドラマはプロデューサーと一緒に仕事をして来たスタッフが半分で、tvNドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で息を合わせたスタッフ達が半分だったので、落ち着きながらも楽しく、面白く撮影が出来ました。

――「ただ愛する仲」を通して、ジュノの恋愛演技がもっと見たいという反応が増えましたね。

ジュノ:僕は出来たら嬉しいです(笑)不思議なのは、普段ジナさんと冗談を言い合ってる時は、性別関係なく気が合う友達のように面白いけれど、いざ撮影が始まると二人共ガンドゥとムンスに変わりました。普段とは違う雰囲気を受けました。ラブストーリーだけの魅力があることを知りました。演じながら恥ずかしい台詞もあって、第16話でムンスに「僕に愛されるために生まれたんだろう?」という台詞を言う時は少し大変でした(笑)でもそれは平凡なジュノとしての恥ずかしさであって、カメラが回れば集中することが出来ました。

――「ただ愛する仲」は名台詞が多いドラマに選ばれています。一番感銘を受けた台詞やシーンは何ですか?

ジュノ:ガンドゥとおばあさん(ナ・ムニ)のシーンです。ドラマの中でおばあさんが亡くなり、ガンドゥが一人で過去を回想します。ガンドゥとおばあさんは椅子に座って話をしているのですが、おばあさんが「他の人には気を遣わず、あなたの思う通りに生きなさい」と話します。そのシーンを撮影する時、ナ・ムニ先生の顔を見ただけで涙が溢れました。それが先生の実力だと思います。眼差しだけでも一緒に演じる相手の心を動かす力があります。

――大先輩のナ・ムニさんと演じた感想はいかがですか?

ジュノ:先生との出会いは初めてでした。以前、先生が出演した映画「I Can Speak」(2017)を見ました。またMBCコメディ「明日に向かってハイキック」(2007)で“ホバクコグマ(サツマイモの一種)”で笑わせてくださったことも覚えています。でも実際会った先生は、僕が持っていたイメージとは違いました。先生が仲の良いおばあさんというキャラクターを演じながら、北朝鮮の方言を使われるのですが、台詞を受け応えしながら考えてもみなかった感じを得ました。おかげで「自分も新たにやってみよう」という気持ちになり、ドキドキしました。ナ・ムニ先生と演技をする時、ガンドゥという人物がより正直に出て来ました。時には友人のように、母と息子のように…ガンドゥがおばあさんにだけは甘えたり、深い話が出来て、それによる面白さがありました。

――ナ・ムニさんからもらったお褒めの言葉やアドバイスはありましたか?

ジュノ:ありがたいことにお褒めの言葉を頂いたことがあります。「君は正直で上手い」という言葉でした。実はそれがどういう意味なのかを探しています。よくわかりません。上手は上手でも、正直で上手いというのはどういう意味か、正直わからないが、飾りなく、切実に演じようと努力しました。その努力をよく見て頂いたのではないかと思います(笑)先生は本当に見る目があって、センスが素晴らしいです。何気なく言われる一言が面白いんです。僕にも壁を作らずに接してくださいました。会話を交わす時に臆することはありませんでした。一度、楽屋のドアを開けて入ると、「外は雨が降ってる?」って尋ねられました。「止みました」と言うと、「台詞よ」って言われました。そんな風に2人でメイクをしてもらいながら台詞の練習をしました。先生は撮影を前に、練習をたくさんされました。でも相手の俳優を配慮しようという思いから、僕が疲れると気を遣われ、合わせようとは言われませんでした。一人で練習をされていると、僕が自然に隣に行って、台詞を言ったりしました。撮影現場でもマナーもとてもよかったです。そんなに長く演技をされていても、NGが出ると最初に「すみません」と言われてました。これから演技をしながら、本当に模範にすべき姿勢だと思いました。

――映画「監視者たち」で演技を始めてから、武士・大学生・弁護士など、多様なキャラクターを演じてきました。作品ごとにキャラクターを選ぶ基準はありますか?

ジュノ:95%が僕の意見で、5%は会社の意見に従います。2PMとして、またソロ歌手として韓国国内外で活動しなければいけないので、俳優としては1年に1作品ずつしか出演できませんでした。3拍子が上手く揃わなければいけないからです。タイミング、台本、そして制作陣が自分を欲しているのか(笑)その中で、自分がやってみたことのないジャンルやキャラクターを選ぼうとしています。フィルモグラフィーを増やしながら、自分が演じられる役の幅を広げたいからです。僕の性格もそうです。一つだけを特別に好んだりしません。音楽のジャンルでも区分なく好きなように、演技においても色んなものが好きです。

――作品ごとに新しい役に挑戦した結果はどうでしたか?

ジュノ:これからももっと挑戦していくと思います。まだやってみたことのない役がたくさんあります。もちろん自分がどんなジャンルに適しているのかも知りました。でもどうせやるなら、もっと上手くやってみたいです。(役が決定すれば)様々なバージョンを作ってみて、制作陣とミーティングをする時に、準備していったものが良いと同意してもらえた時、満足感や達成感を感じます。

写真=JYPエンターテインメント

――歌手と俳優という二兎をすべて得たという評価を聞きますが、バラエティ進出はお考えですか?

ジュノ:僕は何でも始めると確実にしなければならない性格です。うやむやになるのが嫌いです。MBC「私は一人で暮らす」に出演したことがあります。観察バラエティ番組だけど、(放送が)面白くなかったんです。僕が主体的に笑いを与える能力はありません。そんな面ではウヨンが羨ましいです。デビューしたてで2PMが一緒に出演したMnet「WILD BUNNY」、MBC every1「アイドル軍団トッタクニョ」で僕は全シーンカットされました。自分でも「バラエティのくず」だと思いました(笑)SBS「ランニングマン」に出演しても10時間以上走り回ったのに、全然使われませんでした。もちろんバラエティも上手くやりたいです、魅力的なジャンルなので。でも自分が上手くできる時に始めたいです。

――熾烈に暮らすジュノさんを見て、2PMのメンバーたちはどんな言葉をかけてくれますか?

ジュノ:チャンソンはあまりおじさんみたいに暮らすなと、もうちょっと肩の荷を下ろしたらって言ってきます。ウヨンは遊ぼうって言います(笑)僕が仕事をしていない時は家から出ないのを知っているので、Jun. K兄さんは「何してる?」って聞いてくれます。僕がちょっと疲れる性格なので、メンバー達がいつも「あまり自分を急き立てて、病気になったりするな」って心配してくれます。でも僕は歌手、俳優として活動する以上、すべてを一生懸命、上手くやりたい欲が大きいんです。

――1年365日、ずっと意欲的にはなれませんよね?

ジュノ:無力感はデビュー初期にたくさん感じました。グループとして忙しく過ごしながらたくさん愛されたけど、他のメンバー達に比べてグループを知らせる機会はたくさんありませんでした。僕がこのグループのために出来ることは全くないと思っていました。「この道は僕の道ではないのかな」と心配したほどでした。だからステージの上でアクロバティックを一生懸命やりました。でも、活動中に大きな怪我をしたことがあります。(ジュノは2012年のコンサートで、リハーサル途中に腰を負傷した)それさえも出来なくなってしまい、挫折しました。体を使えなくなる程になって結局手術をし、一週間病院で寝ていました。「僕は使えない人間だ」という自己嫌悪に陥りました。そんな中、「監視者たち」のオーディションの話を聞きました。退院してすぐにオーディションを受けに行きました。まだ回復していなくて顔がパンパンに腫れた状態だったけど、自分に初めて与えられた機会をどうしても掴みたかったんです。その年に日本でソロアルバムも発売しました。その時から一生懸命駆け抜けました。僕もグループをもっと広く知らせることに貢献したかったんです。一時的な疲れや辛いことはどうってことありませんでした。むしろ気分がよかったんです。

――与えられた仕事が手に負えない時はありましたか?

ジュノ:手に負えないです。とても良くて気持ちが手に負えません。

――軍入隊についての話は欠かせませんが、入隊前までの計画は立てていますか?

ジュノ:演技も歌もツアーも最大限たくさんやりたいです。でも思い通りにいかないかもしれません。最近感じたことがあって、頑固として押し進めてはいけないということです。実は今も次のスケジュールが決まっていなくて、休むことになったら不安です。特にファンが僕のスケジュールについて発表を待ち、期待しているのを知っているので、僕も「僕は次はこれをする」と早くお知らせしたい気持ちが大きいです。でもこれからは自分の身を流れに任せたいです。「ただ愛する仲」を撮影しながらそれをすごく感じました。健康と些細な幸せを探すのが重要だということを。デビューして本当にたくさんの国々をツアーで回りましたが、記憶に残っているのはコンサート会場だけです。もちろんファンと共にした時間も幸せだったけど、せっかく遠くまで行ったならランドマークに行って写真でも撮って、美味しいものを食べて、もう少し遊べたらよかったなと。でもスケジュールが詰まっていてそれが出来ませんでした。だから昔は海外に出ると車の中で寝ていたり、携帯を見ていましたが、最近は窓の外を見ながら(風景を)目にたくさん焼き付けようとしています。

――最近2PMがJYPエンターテインメントの対外協力取締役に任命されましたね?

ジュノ:決意を変えたくて、リクエストしました。事務所に2PMチームを作って欲しいと言いました。2PMがJYPで2回も再契約を結んだのは初めてのグループです。これからも後輩たちに良い模範になりたいという気持ちで、対外協力取締役をすることになりました。特に最近では、事務所の役員たちと兄弟のような仲だというのもあります。2PMがJYPのアイコンになりたい気持ちが大きかったんです。僕がこの事務所の顔だと思えば、心持ちや立ち振る舞いが変わるんじゃないでしょうか。歌手として10年、俳優として5年活動しているので新たな刺激が必要でした。頑張りたいです。

――現在テギョンが軍服務中で、ウヨンも今年の下半期に入隊を考えていると聞きました。完全体の2PMに会うためにはどれくらい待たなければいけませんか?

ジュノ:少なくとも3~4年はかかるのではないでしょうか。完全体の空白期を出来る限り最小化しようというのが僕たちの気持ちです。でも、とにかく一人ずつ行ってくるためには、物理的に3~4年はかかると思います。そんな意味でSUPER JUNIORは本当にすごいと思います。メンバーが多いので今も軍服務中のメンバーがいるけど、そんな中でも残りのメンバーで活動をして、ツアーもして、本当に良いグループだと思います。

――2PMの結束力も並大抵ではありません。しっかりとしたチームワークの秘訣は何ですか?

ジュノ:20代を共に過ごしたメンバーだという点が大きく影響していると思います。10年間一緒に過ごせば嫌な人も好きになりますよね(笑)デビューしてからいろんな事がありました。理由なく悪態をつかれたこともあります。試練が僕たちをより強くしてくれたのだと思います。そしてメンバーたちと一緒にいれば、何をしても面白くて楽しいです。グループとしてファンと会うことも好きです。これから10年後も今のように僕たちが一緒にいられるかは未知数です。でも僕たちを待ってくれるファンがいます。ファンへの有難い気持ちも、僕たちが2PMとして一緒にいる大きな理由のうちの一つです。

――ジュノさんにとって、2PMとは何ですか?

ジュノ:家族です。いないといけない存在です。完全な自分にしてくれる存在でもあります。

――映画「二十歳」のインタビューの時、「30歳になるまで好奇心を掻き立てる俳優になりたい」と言っていました。叶えていますか?

ジュノ:そうですね、これは自分の考えよりも人の意見が気になります(笑)自分で評価するなら、まだ欲があります。今までは演技をすることに感謝して満足だったけれど、「僕の20代を燃やして、確実な成果を出そう」と言っていた自分の夢を叶えたかはまだよくわかりません。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな