FNC ADD CULTURE、営業利益・純利益が黒字に転換

写真=FNC ADD CULTURE ロゴ、制作ドラマポスター

FNC ADD CULTURE(代表 アン・ソクジュン)が5年ぶりに営業利益と純利益すべて黒字への転換に成功した。

12日、FNC ADD CULTUREの17年度の売上高および損益構造30%以上の変動公示によれば、連結財務諸表基準の売上高は前年対比で193%増加した、333億ウォン(約33億円)を記録し、営業利益および当期純利益は前年対比それぞれ30億ウォン(約3億円)および40億ウォン(約4億円)が増加した。

FNC ADD CULTUREは昨年、総合コンテンツ企業への変貌のために多様な試みを遂行した。既存の特殊印刷事業からドラマ制作、バラエティ制作、映画コンテンツ事業を中心に事業構造を変更し、初年度に韓国国内の代表的なメディアコンテンツ企業に安着したという評価だ。

韓国国内の地上波と総合編成は勿論、グローバルプラットフォームを対象に多様なレファレンスを積んだ。世界的オンライン動画ストリーミングサービスであるNetflix(ネットフリックス)を通して、ウェブドラマ「マイ・オンリー・ラブソング」を公開したのを皮切りにSBS週末ドラマ「姉は生きている」、SBS朝ドラマ「甘い敵」、KBS 2TVミニシリーズ「ランジェリー少女時代」などを制作した。バラエティ部門でもSBS「シーンスティラー」、KBS「シンドロームマン」、TV朝鮮「嫁侍り」「英雄三国志」などを制作した。

特に中国へのコンテンツ輸出が難しい状況で達成した好実績のため、より意味があり、今後中国のみならずそれ以外の市場への進出も試み、以降の成長に期待することができる。またドラマ制作会社フィルムブティックを買収し、ドラマ制作領域を拡張し、映画事業進出のためにワーナー・ブラザース映画ファンド(ファイ-ワーナーコンテンツ投資組合)に参加した。

それと同時に既存の特殊印刷事業にも抽選式宝くじ印刷事業者として40年連続選定され、安定的な収益性を追求している。このようなバランスのとれた事業構造は、他のコンテンツ企業と比較して、差別化要素として評価を受けている。

このような実績を基盤に2018年には事業領域拡張を本格的に遂行する予定だ。MAKEUSのdingoスタジオとウェブドラマ共同制作(全20篇)を通して、既存の地上波、ケーブルを超えてモバイル基盤のプラットフォームに進出し、消費者のパターン変化に早く対処するという説明だ。

既存コンテンツ事業の成長もまた並行している。1月、プログラム「週刊アイドル」「パッケージで世界一周-集まってこそ旅立てる」の制作会社Genie Picturesを買収し、バラエティ制作事業を強化した。既存ドラマ事業もやはり地上波、総合編成などを通して多様な作品を披露する予定だ。

 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな