TWICE、日本デビューから8ヶ月でCD出荷量が100万枚を突破!日本での人気を証明

写真=JYPエンターテインメント

TWICEが日本デビューたった8ヶ月でCD出荷量100万枚を突破した。

7日に発売されたTWICEの日本2ndシングル「Candy Pop」は、発売2週間で21日出荷量40万枚を超えた。23日基準で、40万枚を突破したのは今回が初めてだ。6月に日本デビューベストCD「#TWICE」を発表した後、わずか8ヶ月でCD出荷量100万枚の突破記録を達成したので、意味が格別だ。

「#TWICE」と、昨年10月に公開した日本デビューシングル「One More Time」は、23日基準で約32万6400枚、約32万9400枚の出荷量を突破したことに続き「Candy Pop」は40万2319枚で、現在デビュー8ヶ月で3枚のCD通算出荷量が100万枚を超えた。

TWICEがファンに叫ぶ「One in a Million」という掛け声のように、日本で自身たちが「One in a Million(とても特別な存在)」となっているという評価だ。

「Candy Pop」は、CD出荷量40万枚とオリコン累積ポイント30万も突破中だ。これは自己ベスト記録であり、日本で成長中のTWICEの人気を立証している。

TWICEは、5月18日から20日までソウル松坡(ソンパ)区蚕室(チャムシル)室内体育館で2ndツアー「TWICELAND ZONE 2:Fantasy Park」を開催する。その後、5月26日、27日にはさいたまスーパーアリーナ、6月2日、3日に大阪城ホールで日本公演を続ける予定だ。今回の日本コンサートは、1月と2月に開催したショーケースツアーと比較し、1万名以上を収容するアリーナ会場で行われ、規模を広げた。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな