Wanna One、2ndミニアルバム「0+1=1(I PROMISE YOU)」予告映像を公開…3月19日カムバック確定

写真=YMCエンターテインメント

人気グループWanna Oneが3月19日にカムバックを確定し、本格的なカムバックカウントダウンに突入した。

Wanna Oneは本日(26日)午後1時1分、Wanna Oneの2ndミニアルバム「0+1=1(I PROMISE YOU)」の予告映像を公開し、カムバックを予告した。

予告映像は「2018 Wanna One Golden Age」を知らせながらスタートする。Wanna Oneのメンバーの姿とともに、指輪を形状化したゴールドの“0”と、メンバーの人差し指で作った“1”を通して、アルバム名である「0+1=1(I PROMISE YOU)」を紹介している。

特に映像の最後には、3月19日のカムバック日程とともに、3月5日「プロデュース101」を通してファンに出会ってから333日を記念する、スペシャルテーマトラックのCDを発売することを予告し、期待感を高めている。

2ndミニアルバム「0+1=1(I PROMISE YOU)」は、2018年をWanna OneとWANNABLEの黄金期を作るという、彼らの約束が込められたアルバムだ。今のWanna Oneを可能にしてくれたWANNABLEに、より大きな愛を捧げ、ファンからもらった黄金期をより輝かせたいという意思と約束を込めた。

これと共にWanna Oneは、明日(27日)から韓国の主要オンライン音楽サイトを通してスタートするニューアルバム予約販売の知らせを伝え、ファンの期待感を高めた。

今回のアルバムは、これからWanna Oneが迎える温かい“黄金期”を意味する“Day”バージョンと、より華やかに輝くWanna Oneの“黄金期”を意味する“Night”バージョンで構成されている。

それと共に、各バージョン別のフォトブックと共に、ランダムで収録される黄金比率の11種類のフォトカードには、WANNABLEに伝えるWanna Oneメンバーの約束が自筆で書かれており、指輪を形状化した円形の金色のミラーカードは、黄金期を迎えたWanna Oneの約束が込められ、ファンの所蔵欲求を刺激する。

Wanna Oneは、昨年8月に発売したデビューアルバム「1×1=1(To Be One)」とPrequel リパッケージアルバム「1-1=0(Nothing Without You)」で、100万枚を超えるCD販売量を記録し、デビュー4ヶ月でミリオンセラーを達成しただけでなく、韓国の各種音楽授賞式で新人賞をさらうなど、独歩的な存在感を立証している。新たなコンセプトで戻って来るWanna Oneに向けられた関心が熱い。

Wanna Oneは来月19日のカムバックを控え、アルバムの最終準備の真っ最中だ。

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな